英語を子供に学習させる目的

英語教育=母国語の伝道師を育てるという考え方

直近にて英語教育に否定的な記事を、二つほど上げてきました。

 

その後で、我が家における英語の家庭学習を今後どうするか、しばらく考えておりました。

 

そして考えがまとまったので、本稿を書くにことにしました。

 

結論から言うと、「現状維持+α」です。前向きです。

 

以下、理由を書いていきます。

 

このページの目次

 

現状分析

長男の英語学力は向上中

中学校で習う文法の基本が身についており、ヒアリングも問題なし。

 

ただしスピーキングが流暢とは言えません。つっかえることが多いです。

 

使える英単語がどんどん増えており、正に成長中であることがうかがえます。

 

本人は「もっと上手くなりたい」と、思っているようです。

 

次女の才能

しばらく英語から遠ざかっていましたが、

 

久しぶりにドラえもんの英語図鑑を、以前やっていたように自ら進んで始めたのです。

 

発音がお手本どおりで流暢で、ちょっとした才能を感じました。

 

繰り返しトレーニングしているうちに、身体に染み込んだのだと思いました。

 

試しにZ会の英語講座のさわりの部分をさせてみたところ、吸収力が半端でなく、スピーキングもお手本どおりにこなしました。

 

「埋もれさせるのはもったいない」と、マジで思いましたね。

 

考察

日本語のすばらしさを学ばせるには

今後、外国人が移民として増えていく流れは、不本意ですが加速することでしょう。

 

母国語教育が「国の安全保障と根っこでつながっている」ことは、最近の記事で述べたとおりです。

 

母国語を大切に考える若い人を、どんどん育てないといけません。

 

日本語の危機は始まっているというか、母国語を廃れさせる流れを食い止めなければいけません。

 

「攻撃は最大の防御」と言いますが、むしろ日本語のすばらしさを国内外に広めていきたいものです。

 

筆者自身は若い頃に英語・ドイツ語を学んだことにより、日本語の奥行きの深さや美しさについて認識しました。

 

さらに子供たちには日本語の素晴らしさを体現するような、誇り高き日本人であってほしいと願います。

 

そこを起点として、

 

日本語のすばらしさを伝えるためには、英語のたしなみも必要と考えました。

 

日本語を大切にする認識を持ちつつ、相手の国の言語でも深く聴きとり話せたら、伝わるものが変わることでしょう。

 

ちょっとの努力で言語的な才能を飛躍的に伸ばせるなら、その教材を使わない手はないと考えました。

 

我が家の国語教育改革

同時にこれまでの国語教育にも、考え直さないといけない部分があります。

 

日本の国語教育において日本語が「言語=道具」を超えた、国・民族の基幹的存在(バックボーン)であることを伝えきれていないのではないでしょうか。

 

我が家では子供たちに母国語を学ぶ意義や、日本語の持つすばらしさを教えたいと思います。

 

結論

長男のZ会英語講座(現在小5クラス)は、小6クラスまで続けます。

 

次女には長男が使ったZ会英語講座の教材を、再利用させる予定。

 

長男に英文法を教えた経験を踏まえて、

 

次女にはZ会英語講座と中学英文法書籍を、融合させたカリキュラムを組もうと思いました。

 

これまで長男の英文法の学びがどんどん進んでいくのに対し、

 

Z会英語講座は、一ヶ月待たないと次の教材が届かないといったもどかしさがありました。

 

全部の教材が手元にあって、追々に進めていく方式のほうが筆者としては使いやすいです。

 

そういう意味で、次女には効率的に学ばせてやれそうです。

 

母国語を持つ意義がわかった上で外国語を学ぶならば、我々日本人及び日本国は繁栄していくことでしょう。

 

参考リンク
Z会小学生コース
英語専科(英語のみ)という、選択肢も用意されています。


 

主な使用書籍
ドラえもん はじめての英語図鑑

 

くもんの中学基礎がため100%中1英語 文法編

 

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

 

追記

Z会を継続したものの、最初に届いた小6用の教材にビックリ。

 

なんとタッチペン方式では、なくなってしまったのですね。

 

ネット端末で会員サイトにログインし、読み方を調べる方式に仕様変更されていました。

 

これでは不便すぎます。それにZ会を辞めたらログインできず、使えなくなるわけですよね。

 

タッチペンが使えないのなら、タブレット学習コースのほうがよいかもしれませんね。

 


 

筆者の場合は既に手元にある小3〜小5までのタッチペン対応の教材で我慢することにして、

 

Z会のサポートセンターに問合せて、解約にしてもらいました。

 

まずは小3〜小5まで復習し終わってから、どうするか考えたいと思います。

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top