be動詞からの英文法学習

最初の一歩→be動詞をまとめて教える。

できるから楽しい英文法

小学2年生の我が子に、中学校で教わる英文法を教えています。

 

子供が英語嫌いにならず、モチベーションアップする工夫を色々と考えています。

 

小手先のエンターテイメントではなく、「できるから楽しい!」を目指しています。

 

その流れの中で、最初の一歩である「be動詞の教え方」が重要と考えました。

 

本稿は工夫と、その成果をまとめたものです。

 

筆者のやり方で、我が子がどうなったかというと・・・

 

小学2年生でありながら一ヶ月で、下記の英文法教材に手が届く実力が身につきました。

 

 

 

英文法を学ばせるにあたり、「準備教材」を作ってみました。

小学校の低学年には、いきなり中学校の文法教材というのは使いにくさがありました。

 

そこで我が子専用に準備教材(後述)を作って教えてみました。

 

つまり準備教材による訓練期間を経てから、市販の教材に取り掛かる「二段階方式」をとったわけです。

 

十分に訓練した後で、よくまとまっている市販の教材に移行する戦術は、

 

筆者が我が子に中学校の数学を、学ばせるのにも使ってきた常套手段です。

 

喩えるなら・・・

 

難攻不落の大坂城も冬の陣で堀を埋めてしまい、

 

夏の陣では短期間で攻め落とせたのと、同じイメージです。

 

↓大坂夏の陣図屏風

 

「時間がかかる→忘却」=全体像がつかみ難い

さて、英文法の本を見ると、肯定文・疑問文・否定文等々構文ごとに単元が分かれています。

 

また、さらに人称ごとに単元が分かれていたりします。

 

既存の学習体系に従って文法を教えていくと、けっこうな時間がかかるものです。

 

時間がかかるということは、既に教えた部分の忘却につながるため非効率的と考えました。

 

小学生には「断片的で終わらせない工夫」が必要

単元のつながりが意識できないと、断片的な知識の積み上げに終始することになりがちです。

 

小学生は記憶の容量が小さいので、全体像を示しながら教えると伸びやすいのではと考えました。

 

全体像を最初につかませる。

 

そこでbe動詞の「初歩的な構文/人称」を、まとめて横断的に教えることにしました。

 

 

実践の具体例

その結果、一ヶ月でbe動詞にかかる部分の「肯定文・疑問文・否定文」を、人称ごとに覚えさせることに成功しました。

 

やったことはbe動詞の一切合切をまとめ、「3枚のプリントを、繰り返し練習させる」だけです。

 

実施要項(教え方のポイント)
  • 教え漏れが無いように、例題を配置する。
  • 使う英単語はなるべく少なくする。
  • 演習時は板書教材(後述)を、どんどん見てよい。

 

以下は、本人が実際に取り組んだ、使用済みのプリントです。どのプリントも「肯定文・疑問文・否定文」について、整理するのが狙いです。

ちょっとした違いが比較しやすいように、例題を並べてあるのでご覧ください。

 

This is , That is , It is

小学生低学年でも挫折しない英文法 最初の一歩

 

I am , You are , He is , She is

小学生低学年でも挫折しない英文法 最初の一歩

 

単数形・複数形

小学生低学年でも挫折しない英文法 最初の一歩

 

プリントと併せて使う板書教材

プリントを漫然とさせるのではなく、覚えるべき内容を確認させながら演習させます。

 

最初にやったことは・・・

 

覚えるべき内容を、目の前で書いてまとめながらレクチャーしました。

 

このときに使った板書のようなものを、「板書教材」と呼んでいます。

 

ちょうどお菓子の空き箱があり、丈夫そうなので利用しました。

 

最初にレクチャーした部分です。

 

単数形に習熟した後で、レクチャーした部分です。

 

この「板書教材」は、子供が常に手元に置くように指示しています。

 

参照しながら、プリントを書いていきます。

 

わからないところは、この「板書教材」をいくらでも見ていいのです。

 

繰り返しやっていると、見なくてもできるようになります。

 

このように構文を理解するための道筋をつけてやれば、

 

構文のパターンが記憶されていき、とりあえず英文を読み書きできるようになります。

 

そうなれば中学生が使っている市販の参考書や問題集でも、スムーズに取り組めるわけです。

 

命令文を入れなかったのは?

入れると煩雑になるからです。

 

疑問文と否定文は、肯定文の構文から説明がしやすいです。

 

(並べ替えやnotの挿入)

 

一方命令文は「Be quiet.」のように、比較する意味がないため後回しにしたかったのです。

 

命令文を学ぶタイミングは、一般動詞を学んだ後が適当だと思います。

 

その時は両者における構文の違いを、比較しながら教えたいと思っております。

 

筆者が今回やったことといえば・・・

 

喩えるなら宅地を作る前の、造成工事みたいなものですね。

 

整地・地ならしして、邪魔なものが無くなる。土地の様子がわかり、設計施工の見通しがつく。一般の重機や車両が入れるようになる。

 

細かいことの前に、「何を学ぶのか」を明確にする。市販の学習書を導入しやすくする。

 

今後の方針

くもんの中学基礎がため100%英語

くもんの中学基礎がため100%中1英語 文法編を、既に始めております。

 

 

今のところ筆者の目論見どおりで、スムーズに進んでおります。

 

3月末までに中3まで終わることを、念頭に置いて取り組んでいます。

 

本人としては既に知っているところを、なぞりながら詳しく学習している感覚でしょう。

 

なお一般動詞の学習についてはここまで丁寧にやらなくても、be動詞からの延長で十分に理解できるような気がします。

 

本件は最初の一歩を、無難に踏み出すための導入部に過ぎません。

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top