ページをファイル化

問題集のページをバラバラに切り離す

なぜ1ページづつバラバラにするのか

 学習リソースの統合管理で述べたように、学習熱心な家であればあるほどたくさんの教材で消化不良を起こしやすくなるのではないでしょうか。小中学校・市販の教材・学習塾の教材等々出所バラバラなコンテンツをどう捌くかが、学習のクオリティや効率に大きく影響すると考えます。筆者はテーマや難易度の異なる問題集を1ページづつ切り離して必要に応じて取り出せるようにしております。コピーして何度も使いまわすのに便利ですし、スキャンして必要な部分だけ集めて編集することも可能です。

1ページづつカッターで切り離す。 バインダーで原本を管理

複合機(コピー&スキャナ)をうまく使った相乗効果

 筆者が感じた効果をまとめると以下のとおりです。

  • 手元にある学習教材をコーディネート。効率よく回せる。
  • 学習履歴を将来にわたり反映させられる。
  • アレンジ問題が作りやすくなる。
バラバラにする前に考えるべきこと
その本は本当にバラバラにしたほうがよいのか?

 書籍によってはバラバラにしないほうが使い勝手が良いものもあります。例えば、手持ちのもので類似するものがなく単独で完結する教材です。当方が持っている教材の中ではふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集がそれで、色々なアングルから単元を掘り下げていく教材です。なので昨日やったページを今日参照することもあるわけです。一回書いたページを消しゴムで消すのは面倒ですけれど、コピーせず(切り離さず)に繰り返し使用しております。
 またカラーページ(多色刷り)だからこそ良い教材もあります。モノクロでコピーしては絶対使わなさそうな教材は切り離さずに使っています。例えばきらめき算数脳には色別の分類が前提となる問題が多いです。そのままのほうがモチベーションも上がりそうな