ポイント制・報酬制

おこづかい制の工夫

こづかいを与える際の心配

 お金を得るためには努力が必要ということを、いずれ子供に教えていかねばなりません。報酬としてお小遣いを与えることをイメージしてきました。ただし子供にお金を預けてしっかり管理できるよう躾けるにはどうするか。取引や金銭の感覚を養うにはどうするか。という懸案事項がありました。
参照:本当に役に立つ「机の上の勉強」とは
 一方でこづかいを報酬として与えるにしてもお手伝いへの対価か、日々の学習への評価にするかは悩むところです。お手伝いは報酬がもらえるからやるというより、自分の家だから家族のために手伝うほうが好ましいのではないかと考えます。また学習効率を高めるために飴として与えるとするなら、学習する目的が変質しないかどうか心配がありました。
参照:飴玉と鞭
 さらにはおこづかいが貯まり好ましくないものを買わせてはいけませんから、親が介入するにはどのような与え方が良いのかという問題がありました。このようにたくさんの懸念により子供にこづかいを持たせるタイミングを見計らっておりました。これまでの心配事を一気に払拭する方策を思いついたので、実行することにしました。

報酬制にする

 我が家では学習の対価としてではなく、励ましという意味の報酬とすることにしました。ただし意味合いさえ伝わればいいというわけではなく、いくつかの縛りを設けました。後述するようにポイント制にして親の介在がなければ物品が購入できないようにしました。子供がポイントを使う際に買えるものや時期を限定したのです。

ポイント制の詳細

 ポイントなら万一紛失しても親の財布は傷みません。ただ現金を扱う意味も教えたかったので、便宜上「本物の貨幣(一円玉)」を使うことにしました。「1ポイント=1円玉が1個」です。彼がミッションをクリアすると所定の報酬ポイントが一円玉で支払われます。

動画を餌にする

 我が家にはTVが無いことは既に述べました(テレビとの付き合い方)。彼は週末に見られる動画を楽しみにして暮らしているわけです。可哀そうではあるものの集中力をさらにアップさせたい思惑から、時間内に正確にミッションをクリアする経験を積ませようと考えて動画を餌にすることにしました。

クリスマスプレゼントと誕生日プレゼント

 我が家ではクリスマスプレゼントや誕生日プレゼントは子供に買ってやったことがありません。必要なものは必要な時期に揃えるという方針なものですから…。我が人生を振り返ってみて、この種のプレゼントでちょうどタイムリーに役立ったためしがないのです。しかし我が子については年に二度くらいは自分が苦労して得たお金で、自分のために何かを購入するのも良いことではないかと考えました。「1ポイント=10円」のレートで還元してやりたいと思っています。

ポイント付与の目安

 これは「生かさず殺さず」だと考えております。普通にやっていれば動画は今まで通り見られるが、何かを買うにはボーナスポイントが必要となるイメージです。

  • お父さん問題を時間内に解くと2ポイント付与
  •  日々の家庭学習では私が作った数学の問題がメインです。当然ながらポイント高めの設定です。

  • その他の問題を時間内に解くと1ポイント付与
  •  国語もけっこう解けるのでふくしま式「本当の国語力」問題集を、頭の体操系できらめき思考力パズルを毎日やっています。こういうのはお楽しみみたいなもので、喜んで取り組んでいます。算数検定や最レベ算数と国語も頭の体操になるので含めています。

ボーナスポイント

 こちらの意図する時間よりも速く、しかも正確に解けたときにはボーナスポイントとして1ポイント追加することにしています。本人が100%の力を出し切ろうとする姿勢が見られるなら、1回ぽっきりでなく何度でも与えます。

おこづかい帳

 お金の扱いに慣れる第一歩としておこづかい帳を付けさせています。現実にある一円玉の数(ポイント数)と数字上の残高が一致することを、ポイント数の変動があるたびに確認させます。

改革の集大成

 集中力や持続力が我が子の課題でした。それと数年後には「私の主導」からの脱却も図らなければなりません。ポイント制によるこづかい制によって、自分で積極的に「質の高い学習」を進めていく段取りがとりあえず揃ったことになります。

子供を自立させるために、これまでにやったこと

 これら断片的な対策のつなぎになるのが本稿の「ポイント制によるおこづかい制」です。これをどう運用していくかが今後問われます。課題を乗り越える第一歩ではないかと思っております。

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top