中学受験の盲点

学校選びは人生の岐路

中高一貫教育の魅力

 高校受験って志望校に受からなかった時のリスクや大学受験の準備期間を考えると、中高一貫教育(中学受験)が良さそうに思えてくることでしょう。例えば東大や京大に受かることを考えるなら、それなりの中学校に入って志望大学受験に特化した教育を受けるべきという結論になるかと思われます。

投機的な側面

 しかしながら入る学校によっては校風やカリキュラムが我が子に合っているとは限りません。仮に難関中学校に入学できたとします。でもそのあとは学校と個人の相性が良くても悪くても、学校の方針に従った6年間を過ごさねばなりません。知人で入学後に難関校のペースに付いていけずに、目標がブレてしまったという親御さん&お子さんがいます。中学受験が高校選びと違うのは、子供本人の個性や発達段階が見極めにくいことでしょう。

要は志望大学に入れればよい

 ところで大学受験科目で「圧倒的な実力」さえつけてしまえば、中高一貫教育は必要ないようにも思えてなりません。要するに「実力をつけることこそが最重要テーマ」と言いたいのです。実力さえあれば高校はどこであっても志望大学をパスできることと思われます。要は過去問やハイレベルの問題をパーフェクトに解ければいいわけですよね。幼稚園や小学校の頃から大学受験合格レベルを目指して学習時間をたっぷり確保しながら、参考書や問題集で実力を付けていくほうが確実なように思います。

筆者の家ではどうなのか

 結論から言うと中学受験は考えておりません。でも難関中学校の近所に住んでいたなら絶対に狙うと思います。つまり通学時間・通いやすさしだいといったところです。難関中学校に入った後でご近所に引っ越しするというのは良いアイデアだと思います。ちょうどいい物件があることが前提になります。ちなみに難関校で寮があるところって鹿児島ラサールぐらいですよね。
 実際のところ中学受験はしませんが「大学受験に向けて準備を進めている」ところです。高校は自宅から一番近い公立普通高校(進学校)に入学して目的の大学を目指すことになるでしょう。

大学受験レベルで高校を受験する

 筆者の場合は小中高で教える内容を先取りした家庭学習によって、なるべく早めに大学受験合格レベルに到達させようと目論んでおります。家庭学習にせざるを得ない理由を別稿に記しました。中学卒業時に既に「大学受験レベル」に達している子供であれば、高校受験など容易に乗り越えることでしょう。
 これは急な上り坂を走行するときに「エンジンが小さな原付バイク」「ハイパワーな大型バイク」の違いに似ているのではと考えます。原付でオーバーヒートするかもしれない道でもナナハンならスロットをちょっと吹かしただけで安定した加速度が得られひとっ飛びするような感覚。
 料理に喩えると3人分のパスタを作るのに底の深い大きな鍋を使いたっぷりのお湯で茹でるのか、フライパンを使って済ませるのかの違いみたいなもの。ドラフトで全球団から上位指名がくるような超高校級の選手が、甲子園に出られない高校の普通の球児に混じって試合をするようなものでしょう。本人の器が小さければ仕方がありませんが、どうせやるのならそこを目指したいと思います。

将来の職業や生活を考える時間の確保

 大学受験も大事なことですが、それよりも将来の職業を考えることはさらに重要と思っております。医者になるのか理工系がいいのか法曹がいいのか他になりたいものが有るのかなるべく早くから考えさせないといけません。これはどんな中学校に入ろうとも一緒ですね。
 子供自身の将来を考えさせるのは重要ですが、それは保護者自身の終活を織り込んだものであるべきです。私の家では私たち夫婦の終活について・障害児が成人したときにどうするかを、常に話しあいながら暮らしております。そうしておかないと長男・次女が成人後にライフスタイルを決めにくくなるからです。

 

関連:中学受験を決意する

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top