カスタマイズ研究

教え方がいくら良くても、継続しなければ意味がない。

環境整備が重要なワケ

 子供の学習を飛躍的に向上させるには教え方の工夫が必要なことは言うまでもありません。ただ、学習を支える環境を整えてあげることで、より大きな成果が得られることでしょう。本カテゴリは我が子に対して行った学習環境整備の集大成です。
 環境整備を一言で表すと「裏方の仕事」です。イベントでいえば舞台進行・設営・照明・音響・駐車場整理・場内誘導・経理・渉外・来賓接待・まかない…そして裏作業を仕切る運営局といったところです。軍隊でいえば後方支援ということになるのでしょうか。後方支援が貧弱な軍隊はいかに勇猛でも討たれるのは必然。家庭学習においても長期かつ多岐にわたり子供の学習をサポートする体制づくりが必要です。そして家庭学習の場合は保護者が中心になり家庭内でやるしかないわけです。
 冒頭で学習環境を整えると書きましたが、これは机や椅子の種類や配置にとどまらず、むしろ時間を上手に使うコツや家族間の連携等々目に見えない部分がとても重要です。そういう家庭学習を支える部分のノウハウはインターネットで調べても断片的もしくは薬にも毒にもならない無難ものしか出てきません。本カテゴリはご自身の家庭になじむかどうか参考になるよう、なるべく具体的かつ論理的に説明しようと考えております。

何のために学習するのか定める

 経験上言えることは「保護者(教える側)のモチベーションが下がるとモノにならない」ということです。子供の呑み込みが遅いので、筆者はしょっちゅう心が折れてばかりです。そのたびに「なぜこれをやらないといけないのか」と自問自答してブレを補正しながら子供と共に進んでいく感じです。
 なので目的をはっきりさせて家庭学習に臨む必要があると考えます。メンタル管理は広義の意味で「学習環境の整備」と言えるのではないでしょうか。そういうことも当カテゴリで述べていきたいと思います。

学習環境の整備記事一覧

テレビがあるデメリット テレビが嫌いという子供はめったにいないと思われます。一方でテレビに熱中するあまりに学習が思うように進まない事例は今も昔も数多くあります。見たいテレビが気になって学習が進まない。テレビを見始めるとキリがない。テレビを消した直後は学習しようという雰囲気になかなかならない等々苦労は多いものです。結論から言うと家庭がテレビに支配されている限り、このような問題は解消しないことでしょう...

中高一貫教育の魅力 高校受験って志望校に受からなかった時のリスクや大学受験の準備期間を考えると、中高一貫教育(中学受験)が良さそうに思えてくることでしょう。例えば東大や京大に受かることを考えるなら、それなりの中学校に入って志望大学受験に特化した教育を受けるべきという結論になるかと思われます。投機的な側面 しかしながら入る学校によっては校風やカリキュラムが我が子に合っているとは限りません。仮に難関中...

勉強に打ち込めない理由 勉強中に子供がダラダラしていると叱ったりしませんか。若しくは見返りを与えて報奨するやり方もありますよね。原因の類型化 子供が勉強したがらないとかダラダラやっているというのは、筆者が正に同様の悩みを抱えています。我が家では子供が勉強に身が入らない傾向をつかもうと考え、ダラダラしている理由を子供に尋ねたり観察して原因を探りました。その結果を類型化しました。ボーっとしているだけ。...

本稿の取り扱いについて 視力回復トレーニングなど私が息子にやってあげたことを書きます。ただし私は眼科医ではありませんので全て私の個人的な解釈とお考えいただきたいと思います。参考になさる場合は鵜呑みにせず、眼科医に相談されることをおススメします。視力が悪いと損することばかり 日々学習を続けていると視力が落ちてきても不思議なことではありません。学習に限らずTV・スマホ・PC・読書などなど近いものを凝視...

 英語教育の現場や受験産業界でスピーキングやリスニングは「ネイティブなのが理想」とされているようです。ただしどこの国のネイティブ英語を基準にするかは定まっていないようですね。受験ではそこまでの精度は求めないので、ジャパニーズイングリッシュでネイティブっぽいレベルならそれで十分すぎるものと思われます。さらには社会に出てからもそれで十分。ニューヨークだろうがロンドンだろうが英語圏の住人にも会話が通じま...

ベネッセは万人向き 子供の小学校入学をひかえ「現在の家庭学習に加えるものは何かあるのかな」と思い、ネットで色々検索しておりました。そんな中で目にとまったのがベネッセです。受験業界で通信教育制の小学一年生対象の講座といえば、進研ゼミ小学講座「チャレンジ1ねんせい」が真っ先に挙げられるのではないでしょうか。Z会よりも少し安い料金でコスパも良さそうと最初は思っておりました。しかしウェブサイトに上がってい...

 筆者の長男は気が散りやすい子供で、それを克服するために様々なことをやっています。「気が散るという癖がある」と自覚を促すだけで、気が散る頻度が低くなります。自覚が出ると集中が最後まで持続しやすいです。好きなものだと気が散らない 自分が好きなものだと夢中になり気が散ることは全くないものです。例えば漫画を読んでいるときは呼んでも返事しなかったり、大人同士で駄弁っているとき好奇心で聞き耳を立てていたりす...

在宅による肉体トレーニング 息子は家庭学習をこなすかたわら、筋力や体幹のトレーニングさらには球技の練習も取り入れた暮らしを送っております。ポッチャリだったのが筋肉質に変わってきました。受験に失敗して気づいたこと 私は若い頃に職務の都合上、技術系・法律系の資格をたくさん取りました。そのうちに資格マニアと化して、カードゲームができるほど多くの免許が手元にあります。 受験生活の中で忘れられない失敗があり...

宿題が足かせになることがあります。 宿題があることで本来やらせたい家庭学習ができなくなってしまうという悩み。筆者の家ではたくさんあります。ほどほどにしておけばいいところを、ついつい本気で取り組んでしまうんです。深入りせず時間を決めてやれば無難なのでしょうけれど…。通信講座は邪魔なので買わない。 小学校に入学した長男に宿題が出るようになりました。筆者はかねがね入学後の家庭学習は、学校から出る宿題と本...

リソースの活用を考えるお金をドブに捨てるのはもったいない 学校の教科書と宿題やテスト類・学習塾や通信教育の参考書や問題集・本屋で買った学習書籍等々、たくさんの学習教材でアップアップしている人はいませんか?せっかくの良い教材も使わずにタンスの肥やしにしていたのではお金をドブに捨てているようなものです。 我が家では役に立つと確信したもの以外は絶対に購入しないようにしています。その一方で購入したものは徹...

ダークホースだった教科書 我が家では小学一年生になって二ヶ月が経過した段階で、小学校の算数と中学校の数学を家庭学習で一とおり教え終わりました。現在は中学校の数学を中心に習熟を図っているところです。よく他人からはどんな教材を使ってどうやって教えたのか尋ねられますが、日々の学習では教科書は使わずに私の手作り講義とアウトプットのみでした。正直言って「何か良いテキストは市販されていないのか」私が知りたいく...

使い終わったテストやプリント 本稿を書いている時点ではもうすぐ1学期が終わります。学校で実施されたテストが返ってくるようになりました。我が子(上の子)の場合は今のところほとんど直させるところが無いので、とりあえず保存してあります。それと毎日の宿題のプリントがだいぶたまりました。本稿では上の子のテストとプリントを下の子に再利用することを思いついたので取り上げてみます。教科書があれば塾いらず 1学期を...

 おそらく中学受験を予定しているご家庭では夏休みや冬休みは塾での特訓や講習のほうが大事なので、小学校から出される課題は邪魔なのではないでしょうか?我が家では中学受験は予定していないものの、高校受験や大学受験のための計画を組んでいるため率直に言うと「迅速に上手くさばきたい」です。そのためにどうするか書いてみました。夏休み前に計画を立てる 夏休みの一週間前に本稿を書いておりますが、既に自由研究の準備は...

 とかく学問や仕事あるいは趣味ばかり熱心になりすぎると、専門馬鹿というか「現実との乖離や矛盾」が生じるものです。利益に走りすぎるとブラック企業。漫画やアニメばかりに偏れば現実逃避。カルト宗教にのめり込むと家庭崩壊。違法行為に染まれば犯罪者やDQN。 私の母校には専門馬鹿と言われる名物教授がたくさんいましたけれど、その多くは学内という閉鎖社会でのみ生きていける存在です。リスペクトしてくれる者がそばに...

 本稿は短めにサラッと書きますが、私が考えている最も重要な事項です。秘密にしているわけではありませんが、強調する意味でオーバーに「秘伝」と書いてみました。凡人の息子を支える工夫 私は子供に教える時に一番大切にしているのは、求めている論点を確実に伝えるということです。伝わらなければ何も始まらないからです。理解できれば子供は問題を解けます。ただしすぐ忘れるんですね。だから毎回忘れている部分をチェックし...

こづかいを与える際の心配 お金を得るためには努力が必要ということを、いずれ子供に教えていかねばなりません。報酬としてお小遣いを与えることをイメージしてきました。ただし子供にお金を預けてしっかり管理できるよう躾けるにはどうするか。取引や金銭の感覚を養うにはどうするか。という懸案事項がありました。参照:本当に役に立つ「机の上の勉強」とは 一方でこづかいを報酬として与えるにしてもお手伝いへの対価か、日々...

なぜ1ページづつバラバラにするのか 学習リソースの統合管理で述べたように、学習熱心な家であればあるほどたくさんの教材で消化不良を起こしやすくなるのではないでしょうか。小中学校・市販の教材・学習塾の教材等々出所バラバラなコンテンツをどう捌くかが、学習のクオリティや効率に大きく影響すると考えます。筆者はテーマや難易度の異なる問題集を1ページづつ切り離して必要に応じて取り出せるようにしております。コピー...

 本稿は問題集や参考書をもっと使いやすく(前稿)の続編です。前稿の方法により問題集をバラバラにしてファイルに綴じるとコピーして使いやすくなりました。よく使うページだけを選んで、単元を横断してその日に応じたメニューが組める等々活用しやすくなるわけです。やっていくうちにさらに合理的な方法が見えてきました。問題集を高速回転する工夫 子供の学習が進んでくると、似たようなたくさんの問題を根性で回すのは時間の...

「いじめ」とは戦争 オーバーに聞こえるかもしれませんが、いじめは戦争状態です。自殺とか死に至る事例が山ほどあります。いじめは連鎖を引き起こします。いじめっ子ではなく、いじめられっ子にいじめられたことはありますか?自分が異端だと思われないように、いじめられないためにいじめに加わるとか…。きれいごとでは片づけられない残酷な世界です。我が子がいじめに遭っていたらなんとかして止めたいと思いますよね。子供本...

 子供に厳しい試練を与えて乗り越えさせる教育方法について、あなたはどのようにお考えでしょうか?スパルタ式学習を是とするのは現代のタブーでしょうか。今どき「子供をスパルタ式で学習させる」という進学塾は皆無です。ならば家庭学習では「有り」なのでしょうか。本稿でそれを取り上げました。スパルタ教育は否定しません。 「可愛い子には旅をさせよ」「獅子は我が子を千尋の谷に突き落とす」というスパルタ教育肯定のこと...

手先の発達と頭脳の関係 筆者の妹は子供(幼児)にピアノを習わせています。「ピアノを弾かせると頭が良くなる」と信じています。これは本当か迷信かはわかりませんが、筆者も概ね同意します。多かれ少なかれ「手先の発達は頭脳に影響する」と思っております。 と言うのは、長女(障がい児)の発達の過程を見ていてそう思いました。無表情・無反応だったのが手を動かすようになってから、徐々に喜怒哀楽の表現や意思表示をするよ...

小さき者の戦い方真田昌幸にあやかって真田家旗印:三途の川の渡し賃は六文銭 受験とは椅子取りゲームのようなもので、限られた募集枠を奪い合う競争です。本日は戦国武将にあやかった受験の戦い方についてです。 戦国武将の中で人気第一位はいつも「織田信長」ですよね。徳川とか豊臣などやはり定番の武将たちが続きます。あなたは誰がお好きでしょうか? 筆者は数ある武将の中で真田昌幸が特に好きなのです。真田丸で有名にな...

 家族連れで旅行するとき、子供の家庭学習はどうしようかと悩んだことはありますか? 親子旅行は子供の考え方や視野を広げるいい機会ですね。一方で旅行の際に問題になるのが、旅先での家庭学習をどうするかということ。欲張りすぎると旅行のスケジュールに差し障るので、最低限の課題を毎日与えることにしました。ちなみにこの記事を書く前に長男と次女を連れ、公共交通機関を利用して二泊三日の父子旅行をしてきました。今回の...

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top