5歳11ヶ月の学習記録(次女)

暗算の引き出しを広げる。

 

九九はできるのに、分数が苦手なら・・・

 

分数を自在に使いこなすには、加減乗除の上達が必要です。

 

その中でも「掛け算割り算の暗算」が、得意になることが要訣だと思います。

 

次女は九九は完璧なのですが、暗算が未熟なので限界があります。

 

102/96=17/16 みたいな大きな数の約分だと、

 

即座には、計算できないんですよね。

 

時間がかかると集中が途切れるので、

 

暗算の引き出しを、広げてやりたいと思うようになりました。

 

大きな数の約分

九九には登場しない大きな数字について、約分のトレーニングをさせました。

 

長男に分数を教えた当時(年長児)は、「2,3,5,7のどれかで割って」と指導しておりましたが・・・

 

2,5の倍数は一の位から判別できるとしても、

 

3や7やその他の素数のどの約分なのか、見当がつかないことがよくありました。

 

そこに着目して、教え方を工夫してみました。

 

3の倍数と7の倍数について、大きな数の約分ができることを目標としました。

 

12の段と15の段

3の倍数を3の段として教えるには、

 

スパンが小さいので、大きな数まで九九のように暗記させるには個数が多すぎますよね。

 

そこで12の段と15の段を、覚えさせようと考えました。

 

 

25の段、続・7の段

 

15の段のついでに、25の段を覚えさせました。

 

どちらも使いこなせると、いろいろと便利ですから…。

 

続・7の段とは、九九に出てこない7の段の意味です。

 

幼児には、7×20まで覚えさせればよいと思われます。

 

 

覚えさせ方

こちらで手本を用意します。

 

答は目立つように、赤で書きました。

 

この手本を本人が見ながら、書き写していくわけです。

 

九九のようにテンポよく口ずさむのが、困難ですよね。

 

なので、毎日書いて覚えさせています。

 

 

演習の中で使って、自然に覚えていくことを狙っております。

 

手本は自由に見ていいことにしています。

 

ちなみに右にあるキャラクターは、コロナではなく妖精とのこと。

 

演習

「暗記しろ」と言っていないのに、

 

二週間やったら、ほぼ覚えたようです。

 

でも手本を必ず見たがるので、そこは自由にさせておきたいと思っております。

 

自信が付けば、自然と見ないようになるでしょう。

 

分数の掛け算割り算

 

分数の足し算引き算

 

計算用紙

 

幼児と小学生は違う。

 

九九の暗記のように、短期間で「書いて書いて覚えさせる」こともできました。

 

それをやらなかったのは、対象が幼児だからです。

 

暗記にエネルギーを傾けてしまうと、集中力が途切れてしまうと考えたからです。

 

小学生に教えるのであれば、ガリガリやって数日で暗記させたことでしょう。

 

今後は・・・

 

結果的に次女の「分数の計算力」は、一ヶ月で大幅に上がりました。

 

図形を学ばせたいので、四則混合計算をそろそろ始めようと思っているところです。

 

6月1日以降も、コロナ休みを続ける予定です。

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top