5歳1ヶ月の学習記録(次女)

子供の学習効率を高めた「筆者の戦略」

早く覚えられた理由は?

 

 

次女(5歳1ヶ月)は幼稚園の年中児で、先月までに足し算引き算をマスターしております。

 

今月は九九を習得しました。

 

マスターするのに掛かった日数は、ちょうど3週間。

 

長男に教えた時(5歳8ヶ月頃)は、7週間掛かりました。
参照:5歳8ヶ月の学習記録(長男)

 

そこだけ断片的に見ると、圧倒的に次女の出来が良いわけです。

 

「差」には理由がある。

しかしながら「差があるのは当然のこと」で、筆者の戦略上仕方がないものです。

 

簡単に言うと、

 

長男の時はゼロからのスタート、次女の学習は既に環境が整っているため速いのです。
(→後述)

 

次女と長男を同じ月齢時点で比較すると、学習能力はほとんど一緒だと思っております。

 

本稿の前段では「3年前と何が変わって、学習効率が向上したのか」、筆者なりに振り返りました。

 

後段は九九の指導について、具体的な実践例を交え解説します。

 

 

兄妹それぞれ、モチベーションの与え方を変えた。

「勉強したい」というモチベーションは、人それぞれです。

 

長男に比べ、次女は能動的に学習します。

 

二人の学習に対するモチベーションの質は、全く異なります。

 

長男には長いスパンで、ものを考えさせた。

長男には「将来困らないように勉強する」という、長期展望をモチベーションとして与えました。

 

このスタイルに即効性はありません。

 

なぜなら、この瞬間を頑張ったからと言って、将来が変わるかどうか即座に見えるわけではないからです。

 

しかし、勉強が進み実力が付いて、学年が上がれば上がるほど、

 

「僕がやってきたことは正しかった」と、実感するようになります。

 

今の長男は正に、その路線で着々と進んでいるわけです。

 

ボディブローを打つようにじわじわと、ラウンドが進むほどに効いてくる良い戦術だと思っています。

 

 

ちなみに長期展望をモチベーションとする場合、いったん始めたら「成果が見えるまでガッツリやる」ことが必要です。

 

中途半端はいけません。

 

挫折すると「現実との乖離や矛盾」が、心に残ることでしょう。

 

だから失敗は許されません。

 

長男の時は物量作戦で、筆者の時間とエネルギーを惜しみなく注ぎ込みました。

 

無理も根性で乗り越えた感じです。

 

だから、ある意味で長男と筆者は、「戦友みたいな関係」になりつつあります。

 

次女には自発性を育てる戦術で

次女は自分から「勉強したい」気持ちが、とても強い子に育ってきております。

 

次女に学習させるときは、短時間で集中的に行います。

 

本人の「勉強したい」という気持ちを最大限に高めて、一気に濃密に行います。

 

無理強い(むりじい)はしない

本人の性格に合わせた進め方が、何よりも重要と考えております。

 

次女は自分がお姫様でないと気に入りませんから、無理は禁物と考えております。

 

<ムーリー

 

ただし「ちょっとの無理」を、いっぱいさせるようにしています。

 

「6×7=42を間違えたから、6の段からもう一回やって!」のような・・・

 

「ちょっとの無理」をさせることは、大いなる進化につながります。

 

「無理」と「ちょっとの無理」との判別は、その子供の本質がわかっていないと難しいかもしれませんね。

 

「自分も仲間に入りたい」がモチベーション

次女は「他人に負けたくない」「兄よりも自分を一番にかまってほしい」と常に思っているので、そこを利用しました。

 

最初は私のほうから「お兄ちゃんのそばで一緒に勉強しよう」と、誘うようにしておりました。

 

やるとなったら、次女のサポートに専念するようにしています。

 

その流れが定着してくると・・・

 

長男が宿題をしていると、「そろそろ勉強する」と言って自分から寄ってくるようになりました。

 

筆者と長男の関係に、次女を巻き込んだ形ですね。

 

自ら発願するわけですから、学習効率が良いのは当然かもしれません。

 

「難しい勉強でもわかるようになる」のが、楽しいようです。

 

次女の学習効率が高いのは、次女単体の地頭ではなく「長男を含めた学習環境」にあると考えます。

 

共通仕様⇒できるようになったことが「ご褒美」

二人それぞれに対する戦術は違っていても、変わっていないことがあります。

 

それは「勉強を続けるメリット」を、子供たちに感じてもらうことです。

 

よく、勉強した後でシールを貼ったりハンコをついたり、楽しみを与えながら

 

目に見える形で「楽しいご褒美」を与えながら、学習習慣を身につけさせる方法ってありますよね。

 

ちゃんとできたら、

 

ノートにアンパンマンシールを貼れるとか、専用カレンダーを用意するとか・・・

 

 

 

そういうことが上手な方を尊敬します。

 

残念ながら、筆者はそういうの苦手なんですね。

 

それゆえに「できるようになったこと」こそ、ご褒美(喜び)と感じられるように子供を育てています。

 

九九の学習の実践例

ここからは次女に九九を覚えさせた現況について、書かせていただきます。

 

九九は暗記物です。

 

ゆえに、暗記に焦点を絞った「工夫」が必要と考えました。

 

一日の学習を、三回に分ける。

幼稚園に行く前に一回、帰ってから一回、入浴後に一回の計三回、九九の練習に充てました。

 

時間はトータルで30分くらいです。

 

つまり時間を空けて、何度も反復させたことになります。

 

具体的な練習方法は、次のとおり。

 

二の段から始め、十分に覚えきるまで次の段に進まないこと。

 

歌を歌うように唱えられたら、次の段に進みます。

 

九九は歌の練習と同じ

基本的に口述のみで、歌の練習をする感覚で行います。

 

書かせたりしません。

 

これは歌の歌詞を覚えるときに、歌って覚えるのと一緒です。

 

各段を3つのパートに分けます。

  1. ×1〜×3
  2. ×4〜×6
  3. ×7〜×9

私が手本を示して、そのとおり口真似をさせる繰り返し。

 

一つのパートを10回やったら、今度は一人で唱えさせます。

 

パートごとの練習が完全になったら、全パートを通し何度も繰り返させる。

 

間違えたら訂正させて、やり直しさせます。

 

毎回既習の段を、最初と最後にそれぞれ二回ずつ唱えさせます。

 

「上り・下り」はやりません。「上り」のみです。

 

その理由は、なるべく早く「書かせる練習」に入りたいからです。

 

書かせる練習は、下記のとおり「ランダムアクセスな作業」です。

 

答そのものを、ズバリ書く練習。

 

ゆえに「上り・下り」を唱える練習よりも、実戦的です。

 

書かせる練習
九九を掛け算の計算につなげる。

九九を唱えられるようになったら、一桁同士の掛け算を練習させます。

 

すなわち実際の数式と、九九とのすり合わせを行います。

 

毎日下記の表に、書かせて練習させています。

 

九九が完璧だとちょっとした掛け算の解説も、理解できやすくなります。

 

2×5=10 と、5×2=10 などなど、
同じ答えになる九九を、近くに配置するようにしています。

 

説明しなくても、自分からそのことに気が付きますね。

 

気が付いたら、すかさず

 

「掛け算は数字を入れ替えても答が同じになる」ことを、インプット(説明)します。

 

あとは零の段の意味も、同時に教えています。

 

零の段の意味がわかるようになると、筆算の指導がやりやすくなるからです。

 

とりあえず、答が瞬時に出せるレベルを目指し、トレーニングを続けています。

 

参照;長男の記事

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top