10歳1ヶ月〜3ヶ月の学習記録(長男)

実は密かに・・・

 

 

受験戦術の公開

はじめに

これまで長男の家庭学習記録において、

 

あえて、記事に取り上げてこなかったことがあります。

 

それは、中学受験のための学習についてです。

 

すなわち中学受験の算数問題が解けるようになるまでの過程について、ほとんど触れないできました。

 

小4でありながら灘・開成の過去問が楽々解けるレベルに至ったのには、それなりの戦術があります。

 

その話をこれからいたします。

 

ちなみに過去記事で、チラッと触れたことはありますね。

 

参照:中学受験に数学の先取りは有利に働くか?

 

ここで取り上げていたのが、次の「二つの書籍」です。

  1. 中学受験用 塾技100
  2.  

    https://amzn.to/3jrhR0x

     

  3. 高校受験用 塾技100
  4.  

    https://amzn.to/3gj1fWZ

 

二つの書籍を使う理由

 

筆者はなぜわざわざ中学受験と高校受験の二種類を購入したのか、おわかりでしょうか?

 

過去記事では、これまで「研究のため」とぼやかしてきましたが・・・

 

実は高校受験用で勉強させるついでに、算数だけで解く方法を教えていたのですね。

 

上記は同じシリーズで同じ著者の書籍です。

 

だから似たような問題がいくつもあって、好都合だったのです。

 

メインは高校受験用を使い、プラスアルファという形で中学受験用を適宜用いて学習させました。

 

そのぶん時間は余計にかかりましたが・・・

 

「書籍同士の相性の良さ」が手伝って、数学と算数の二刀流に仕上がったというわけです。

 

数学のスキルは中学受験に役立つか。

受験者の多くは数学のスキルを持たず、試験に臨みます。

 

ちなみに中学受験では、数学のスキル(√や三平方の定理や方程式等々)を使わずに解くわけですが…

 

数学のスキルを使えば簡単に解けるが、算数だけで解くには難問という出題はよくあります。

 

そういう場面で数学のスキルは、無いよりあったほうが有利だと思います。

 

おおよその見当をつけて、答案作成に取り組めるからです。

 

芸能人格付けチェック(テレビ朝日系)で、本物を知る者が正解に辿りつきやすいのと似ています。

 

 

長男に過去問を解いた後の感想を聞くと、「答が分かっている問題は、解きやすかった」と言いました。

 

都合により黙っていました。

上記の戦術を記事に取り上げてこなかった理由は、ぶっちゃけ「ネタ作りのため」です。

 

いつかサプライズで記事を書こうと思い、非公開にしてきたのですね。

 

アホな動機で、すみません。

 

それとこの方法は、教える側の技量があってこそ可能になります。

 

二つの書籍を熟知しつつ、子供の実力を見極めどういうタイミングでどのような教え方をするか考えないといけません。

 

それでいて自発性を養うために、基本は放任主義としてきました。

 

一般的な家庭で再現出来るわけではないと思い、公開を躊躇していたとも言えます。

 

新たな中学受験ネタの公開(追記)

次女→中学受験参戦

ところで最近の次女は、上記の塾技100(高校受験用)と白チャート(数1A)で学習しています。

 

また最レべ小3(最重要問題のみ)が、30巡に達しています。

 

そろそろ中学受験問題を取り入れる時期だと判断し、次女のカテゴリーでは中学受験ネタも取り上げていくことにしました。

 

そして、これまで封印してきた書籍(当サイトでは未発表)を、そろそろ使おうと思います。

 

その書籍も「塾いらず系」です。

 

書かれているとおりやれば、受験レベルに達する感じですね。

 

丁寧かつ平易に書かれているので、次女でも使いこなせると思われます。

 

教える側の手間が省け、万人向き。自主自発で取組ませやすいのではないでしょうか。

 

桜蔭クラスの難関中学校を受験するのに、ピッタリかもしれません。

 

次女は「お兄ちゃんと一緒の大学に入りたい」と、言っているんですよ。

 

今後どうなるかわかりませんが…

 

とりあえず塾技100(中学受験用)と新たに使う書籍で、算数の実力も着実に上げたいです。

 

次回(次女の記事)から取り上げていきますので、お楽しみに!

 

今後の投稿パターン

 

次女が中学受験の勉強を始めるとなると、長男もやりたいと言ってくるかもしれませんね。

 

(春休みから始めるつもりだった計画を、前倒しするかもしれません。)

 

なお今後の記事は、中学受験ネタを含め「内容の重複を避けたい」と思います。

 

記事投稿は、以下のパターンを考えております。

 

概要
  • 次女→学習方法の紹介
  • 次女のほうが「初めて感」があるので、当サイト訪問者様に役立つのではないかと思われます。
    投稿頻度は、これまでどおり毎月1回。

  • 長男→コラム
  • 小学生の家庭学習ブログで数2Bを解説するのもどうかと考え、雑記・進捗状況とします。
    投稿頻度は、これまでどおり四半期に1回の予定です。

 

 

https://amzn.to/3jrhR0x

 

 

 

https://amzn.to/3gj1fWZ

 

 

長男の近況

数2B

二項定理→等式・不等式の証明→複素数・高次方程式まで進みました。

 

この中では二項定理の証明が、一番難しかったようです。

 

高次方程式や複素数は理解が早く、「こういうの得意かもしれない」と言っています。

 

 

https://amzn.to/3txsi8w

 

中学校の復習

雑な性格や慢心により、損をしている部分が散見されました。

 

初心に帰り、塾技100(高校受験)の解き直しをしています。

 

参照(次女の記事より):兄の慢心を妹がくじく。

 

オンライン授業(小学校)

コロナの関係で小学校では、夏休み明けにオンライン授業が開始されました。

 

長男はタブレット端末の扱いが、手慣れています。

 

複数のアプリを並列に表示させながら、マルチに作業しております。

 

音声認識をフル活用することで、手入力を補っていますね。

 

筆者としてはキーボード操作も覚えさせたいので、PCを与えるタイミングをいろいろ考えているところです。

 

夏休みの工作

戦国武将が好きで、城攻めゲームを作りました。動かすコマは、上杉謙信の旗印(毘)なんですよ。

 

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top