9歳0ヶ月の学習記録(長男)

モチベーションが上がらず、ダラダラしている。

マイペースな長男をどう躾けるか。

長男に勉強を教えていて思うのは、本質がのんびりしてダラダラするのが好きな性格ということ。

 

何をするにもスタートが遅く、始めてものんびりマイペースでやっています。

 

だから予定していた学習時間の、何倍もかかってしまうことも多いのです。

 

教育方針を変えるきっかけ

ところで今日は昨日やった問題一つに5時間くらいかかっていたので、問い詰めました。

 

途中で中休みしたり妹にちょっかい掛けたりして、ダラダラやっていたようです。

 

わざとやっているわけではなく、本質がマイペースということのようです。

 

「これではいけない」と自覚はしているようです。

 

本人のモチベーションが、下がってきているのかもしれませんね。

 

何のために勉強しているのか聞いてみた。

 

筆者「勉強は面白くないか?」

 

長男「それはよくわからない。」

 

筆者「じゃあ、何で勉強しているの?」

 

長男「大学に入って卒業して、就職するためにやっているよ。」

 

筆者「そうなんだ。じゃあ、何を仕事にするつもりなの?」

 

長男「自動運転車を作る仕事。自動車が好きだからやってみたい。」

 

筆者「自動車を作ると言っても、開発や設計をする仕事もあれば、工場のラインで組み立てる人もいるよ。」

 

長男「役に立つ自動運転車を考えて、設計してみたい。」

 

筆者「わかった。自動運転ともなれば、事故が起きないような交通システムを作る技術も必要になるし。これからの仕事だね。」

 

長男「それで僕は、大学の工学部に入りたくなったんだよ。」

 

そういう話をしていたらモチベーションが上がってきたのか、それなりに一生懸命やり始めました。

 

目的を持って取り組んでいることが分かったので、親として嬉しかったです。

 

クリエイティブな仕事がしたいと考えているようなので、それを素直に伸ばすような育て方をしようと思いました。

 

学習としては時間がかかってもよいから、じっくりと考えて答を導き出すような演習問題をさせていくのが良いかもしれません。

 

今までは「時間当たりの作業量」を重視してきましたが、思考力・クオリティを重視していきたいと思いました。

 

そしてのんびりした性格は全否定せずに、

 

ダラダラしないように強制力を持って、生活面でメリハリをつけさせたいと思います。

 

一応、本人の志望大学名も聞きました。

 

今は「捕らぬ狸の皮算用」ですけれど・・・

 

最終的には本人の希望を、叶えてやりたいと考えております。

 

数学

 

例の難しい数学問題集が、来月にも終わりそうです。

 

 

https://amzn.to/3gj1fWZ

 

9月からは高校数学に進めそうなので、筆者はそのつもりで準備を始めています。

 

中学入試問題の研究を始めた。

 

今、どの程度の実力があるのか、試しに灘と開成の算数の過去問を3年分解かせてみました。

 

どれも9割強が正解だったので、中学入試対策(算数)は「小5の春休みから始めても大丈夫だ」と確信が得られました。

 

高校入試問題をやっていたら知らず知らずのうちに、考える力が身についたのだと分析しております。

 

ちなみに下記の書籍(超塾算数編)で、中学入試について研究しました。

 

意外にも今やっている数学編で書かれていることが、小学生向きに述べられている部分がいくつかありました。

 

多色刷りで内容的には数学編よりも易しいので、算数編(中学入試)から始めさせても良かったかなと思いました。

 

 

 

https://amzn.to/2Dkr4HB

 

いずれにしても実力が高校受験レベルであれば、「算数で外すことはない」とわかりました。

 

中学入試問題は、今後も研究していくつもりです。

 

英語

英語は比較級・最上級に入ったところです。

 

彼は英語の勉強をするときには、和英辞典をよく開くんです。

 

小学生用の英語辞典では役に立たなくなったので、新たに英和辞典と和英辞典を買いました。

 

「ちょっと詳しすぎるかな」と買うときにためらいましたが、慣れれば大丈夫だと考えて決断しました。

 

 

https://amzn.to/2DouFUY

 

 

 

https://amzn.to/30dKOFK

 

歴史ネタで英文を楽しんでいる。

英語の学習をしているときに、学んだ文法を使って英文を書かせているんです。

 

一方で筆者は長男に歴史を、社会人レベルで教えています。

 

今は日本を中心に置いた、近代史をやっているところです。

 

「as 〜 as… を使って、何か書いてみて」と言ったら、

 

Pol Pot is as cruel as Hitler.

 

Nobunaga is not as cruel as Stalin.

 

と、書きました。

 

ちょっと、ドッキリしました。

 

その後で「おしっこは、ウンコほど臭くない。」とか言って、ふざけているんですけれどね。

 

コロナその後

自粛明けの1ヶ月ほど小学校に通わせたところ、筆者の住む街ではGO TO キャンペーンの前に感染が出始めました。

 

すぐに今年二回目の巣ごもりに入ったところ、1週間後は第一波を超える勢いで陽性者数が増えていったのです。

 

筆者のよく知る場所でもクラスターが発生したので、「玉の早逃げ八手の得あり」だったかなあと胸をなでおろしております。

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top