8歳11ヶ月の学習記録(長男)

この頃、めっきり少年っぽくなりました。

コロナ休みを終えて

当家でもコロナ休みを終えて、登校を再開しておりました。

 

住んでいる地域が田舎なので、都市部に比べると感染リスクが低いと考えました。

 

ただしコロナが終息したとは、全く考えておりません。

 

もしも周辺の都市に第二波が広がってきたら、直ちに巣ごもりを再開しようと思っております。

 

それと、冬にはインフルエンザや風邪など、免疫をやられやすい病気が毎年流行します。

 

第二波が来ても来なくても、冬季は学校を数ヶ月間休ませるかもしれません。

 

ちょうど去年の年末から1ヶ月ほど、長女がインフルエンザに罹患してまいました。

 

命の危険にさらされたため、今年は同じ轍を踏まぬように対策しようと思います。

 

学習の近況

数学は親離れしかかっている?

 

さて、最近の長男の家庭学習は、主に数学・英語・社会に絞って行っております。

 

数学は例の難しい問題集を、自力で学習するようになりました。

 

 

演習問題を答を見ないで解けるようになるまで練習し、掲載されている高校入試問題を解いています。

 

解けないときは、「答を見て研究するように」と言ってあります。

 

最近は答案を書いているときに、私に見られたくないそぶりを見せます。

 

9歳の誕生日を迎え、自立心が芽生え始めているようにも思われますね。

 

↑わざと顔を隠す長男

 

英語教材(我が家では欠かせないもの)

 

英語は例の書籍で文法の学習を先取りして進めつつ、Z会の英語(小学生コース4年生)と並行させているわけですが・・・

 

文法学習で読み書きを先行することにより、Z会の講座では聴く話すに集中できるわけです。

 

自力で学習していくには、この組み合わせがベストだと考えております。


 

さらに手持ちの英語辞書では不足を感じるようになったので、この度、新しい英和辞書を購入しました。

 

大学入試にも使える語句収録数であり、高校入試レベルの英語を目指すには十分です。

 

それでいて補助イラストが適切で使い勝手もよく、値段も手ごろな良書だと思います。

 

 

地理・歴史横断学習

 

社会は地理がひととおり終わりました。

 

かなりマニアックなところまで学習しましたが、突っ込みが足りないと思ったので高校用の地図帳を買い与えました。

 

 

長男の第一声「すげー!細かい!」

 

資料も豊富です。

 

引き続き地理を学習させて、それと並行して歴史を教えることにしました。

 

下の書籍は中学受験に特化しているものの、地図を用いているため汎用性があります。

 

 

筆者としては地理を横軸ととらえ、地政学を交えて歴史を横断的に教えております。

 

プレーンな構成で、要点が網羅されているシンプルな作り。レクチャーするのに肉付けがしやすく、好都合です。

 

中学受験というよりも「人生のバックボーン」として地理や歴史を学ばせたいので、良書に巡り合ったと思っております。

 

9歳の性教育

コロナ休みの最中に時間がたっぷりあるので、体系的に性教育をしてみました。

 

理科を教えていくうちに、核心に触れないわけにいかなかったことがきっかけです。

 

動植物の生殖機能や、人間の身体の各種器官をズバリ教えたいのにもどかしくて。

 

どうせやるなら中途半端でなく、「全容がわかるようにしっかり教えよう」と考えました。

 

「種の保存とは?性別の違いとは?」から始まって・・・一切合切を説明しました。

 

受精→細胞分裂→着床→第一次性徴・各器官の成長→出産

 

そして第二次性徴のこと。

 

もちろん性交や避妊のことも。性犯罪や刑法についても。

 

不妊の原因として、遺伝子レベルに害を及ぼすものの実例(被爆や環境ホルモン等々)。妊娠可能時期や不妊治療について。

 

さらには優生思想とか人口調整・人口削減計画等々、支配者層が普通に考えていることについて等々。

 

性をビジネスにする産業の裏表。性を物と考える支配構造の歴史。

 

結婚詐欺や痴漢冤罪・ハニートラップについて。

 

まともな大人になって自分や家族を守っていけるように、土日の二日間にわたりレクチャーしました。

 

第二弾を次の長期休みに、実施する予定です。

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top