8歳5ヶ月の学習記録(長男)

躾けや生活習慣で学習障害を克服

毎日の習慣づけの大切さ

12月は前月と同様の取り組みです。学習の方針自体に真新しいことはありません。

 

やるべきことを、当たり前にこなすよう指導しました。

 

最近の数学の学習は、高校入試レベルで難しめのものに取組んでおります。

 

基本が身についてきたおかげで、一人で学習できるようになってきました。

 

実力は一年前とは雲泥の差がありますね。

 

ただし考える力はもっとつけなければいけません。

 

また答案はプロセスを丁寧に書くよう、いつも注意しております。

 

下記の答案は言葉は少なめですが、図に詳しく書き込んでいるので「可」としました。

 

 

答案チェックも躾けの一部と考えています。

 

多動症について

 

我が子は幼少の頃に落ち着きがなく、多動性障害ではないかと言われた時期があります。

 

集中力が途切れないように、いかに自己コントロールできるかが課題でした。

 

年長の頃から欠かさずに、家庭学習をさせています。

 

年齢が上がるにつれ、集中が持続できるようになった気がします。

 

毎日「終わるまで学習する」習慣づけが、いい影響をもたらしたと考えております。

 

現在、言い聞かせていること

年末に一家でひいた風邪

 

次女の咳がなかなか取れなくて・・・

 

また長女(障がい児)が、けっこう重篤でした。

 

年末年始なので病院の緊急窓口に行っても、「人が多すぎ」で診てもらえなかったり・・・

 

色々ありました。

 

高熱が続きましたが、年が明けてやっと食事ができるようになりました。

 

一方で長男だけは、風邪も屁ぐらいな感じでサラッと終わりましたね。

 

「かけがえのない家族だからこそ、自分にも何か役に立てることはないか。」と、

 

考えられる人になってほしいことを話してきかせました。

 

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top