8歳3ヶ月の学習記録(長男)

図形の集中特訓を終え、新境地に入る。

中学受験の先にある大学受験を見据え、高校レベルの数学に取り組む準備を始めています。

 

現在は、中学レベルの数学をつぶしている最中です。

 

小学二年生終了までに公立中学校3年生換算で、偏差値70以上(数学限定)を目指したいです。

 

参照記事:中学三年生並みの思考力を身につけるには

 

 

偏差値を上げる、最も簡単な方法

苦手な単元に取組むと良い。
学習の作業対効果を、飽和曲線になぞらえる。

物理・化学現象でよく見かける、「飽和曲線」はご存じでしょうか。

 

最初は激しく段々穏やかになっていき、最後は平衡点で落ち着く非線形のグラフです。

 

お湯が冷めていくときの、放熱量のグラフがイメージしやすいでしょうか・・・。

 

受験において、物事をゼロから学ぶとすると、

 

求められる「知識量」は、飽和曲線的に推移するような気がします。

 

下記は筆者が抱く、「学習の作業対効果」のグラフです。

 

 

得意な所を伸ばすにも、やがて限界が訪れます。

 

むしろ弱点を見つけて補強するほうが、少ない労力で成績は確実に伸びていくものです。

 

それで筆者は家庭学習の介助をするとき、「弱点を見つける」ことに命を懸けています。

 

百点満点が取れる得意な単元に力を入れても、やはり満点にしかなりません。

 

しかしそのエネルギーを60点しか取れない単元に注ぎ込めば、どうなるでしょうか。

 

さらに40点の伸びしろを、開拓できるという意味になります。

 

弱点を見つけて克服する→コスパ最良

 

学習偏差値の分布傾向を読み解く。

一般に学習偏差値の分布傾向は、中央付近にピークができます。

 

よって分布の真ん中あたりが、最も他者をゴボウ抜きしやすいわけです。

 

 

同じ5点アップでも、

 

90点の人が5点アップするのと、70点の人が5点アップするのとでは・・・

 

後者(70点の人が5点アップ)のほうが、順位がグンと跳ね上がることに気が付かねばなりません。

 

筆者の家の事情を知る親戚たちから、「子供の偏差値を上げるにはどうしたらいいのか」相談を受けることがあります。

 

そういう時には「苦手なところをなくせば、偏差値は上がるよ」と答えることにしています。

 

苦手な単元をつぶす「負けこまない対策」を、おススメします。

 

中学レベルの図形の特訓

 

6月より苦手とする中学生の図形を、集中的に特訓しておりましたが・・・

 

今月は、最後に残った「中学3年生の図形」を終えました。

 

 

使ったのは上の教材です。

 

シンプルで良問が多くオーソドックスです。

 

一つのページに付き数日取り組ませるので、同教材を三巡ぐらいしたことになります。

 

ちなみに今月は主に「三平方の定理」を、演習しました。

 

 

基礎問題集を大切にする理由

 

この教材は難問集と違い、曲者っぽい問題は一切ありません。

 

だから基礎から応用まで導くのに、とても使いやすいです。

 

ページの順に解かせていくだけでも、自然に基礎が身に付くようになっています。

 

 

筆者流の指導法

 

筆者のやり方は解かせた後で、

  • 何に気を付けて解いたのか?
  • 何か気が付いたことはないか?
  • 難しかったこと・反省点・感想

を尋ねるようにしています。

 

聞いていて気になる部分をさらに掘り下げて指導します。

 

場合によっては、関連する部分の復習も・・・

 

「弱点をそのままにしないため」の工夫です。

 

その上で付け加える点があれば、指摘します。

 

例えば、下記では素因数分解について、ルートの中を整理する実戦的な用い方について考えさせています。

「学問的には96=2×2×2×2×2×2×3だが、
96が16の倍数だと確認するだけなら4×4×6でいいよ。」

 

「同じように108が36の倍数であることを確認するだけなら、
6×6×3でいいよ。」

とレクチャーしております。

 

 

指摘しながら、忘却していそうな部分について質問を付加していくのが筆者流です。

 

上記の問題で正四面体を解かせた後で、「正三角形と直角三角形」の復習を行いました。

 

今後は偏差値70を目指す。

現在の偏差値は64程度か

4ヶ月前は公立中学校3年生換算(数学限定)で、偏差値55ぐらいに見立てておりましたが・・・

 

参照記事:中学三年生並みの思考力を身につけるには

 

特訓を終えてみれば、「偏差値64ぐらいになったのでは」と思っております。

 

できる生徒できない生徒が混在している30人学級で、二〜三番手ぐらいの実力ですね。

 

基本問題に熟練し、数学的な理解が進んでいるレベルです。

 

計算を正確に速くできるのが、この子の持ち味でしょう。

 

もっと伸ばすには、「頭の体操」が必要ですね。

 

ハイレベルな問題を解かせるべきでしょう。

 

やらないと忘れる

 

難点といえば・・・

 

やったことがある問題でも、しばらくやらないでいると解き方を忘れることがあります。

 

だから本当の意味では、まだまだ実力不足と言えますね。

 

8歳という年齢では、しかたがない部分はあります。

 

とりあえず、4ヶ月でハイレベルな問題に手が届くレベルになったことを、素直に喜びたいと思います。

 

学年末までの方針

さらなる実力養成のためくもんの中学基礎がため100% 数学の他に、別の教材を加えます。

 

以下の書籍を、ハイブリットするつもりでおります。

 

 

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top