年中児からのスタート

学習の進捗状況

3歳7ヶ月

 長男について健診時に医師より落ち着きがない傾向を指摘される。3人の子供への愛情のバランスを改めるとともに、生活環境改善のため引っ越す。

3歳10ヶ月

 家庭教師に教わりながら家庭学習を開始する。遊びを通じて色々な体験をさせる。

4歳3ヶ月

 平仮名が読めるようになる。家庭教師による指導の終了。ここからは父親(私)と子供の対話で進めていくことにした。

4歳6ヶ月

 平仮名が書けるようになる。数字の学習を始める。

4歳8ヶ月

 カタカナが書けるようになる。2桁の数字が書けるようになる。繰り上がりも理解する。

4歳10ヶ月

 3桁の数字が書けるようになる。

5歳0ヶ月

 2桁の足し算・引き算(繰り上がり・繰り下がりあり)教え始める。

5歳2ヶ月

 簡単な漢字を教え始める。

5歳4ヶ月

 120玉そろばんを使いこなすようになる。平仮名・カタカナは綺麗に書ける。漢字は30文字ぐらい書ける。
 当ウェブサイトを始める。

5歳6ヶ月

 120玉そろばんは卒業。筆算で3桁同士の足し算・引き算を練習。繰り上がり・繰り下がりのあるものもマスター。

5歳7か月

 足し算も引き算も正確にできるようになったので、さらに習熟を積むための学習をする。繰り上がり・繰り下がりプリントを主に使った。計算のスピードが上がってきた。

5歳8か月

 掛け算の意味を理解させつつ九九を覚える。百マス計算(足し算引き算)を開始する。

5歳10か月

 筆算(掛け算)を習得する。3桁×3桁までできるようになる。

5歳11か月

 割り算をほぼ習得する。

6歳0か月

 小数の加減乗除を習得する。

6歳1か月

 分数の加減乗除を習得する。

6歳2か月

 図形の学習を始める。三角形・四角形など。

6歳3か月

 円と扇形を学習。

6歳4か月

 面積や体積。単位当たりの数量も教え始める。

6歳5か月

 速さの計算について詳しく教えた。

6歳6か月

 速さの計算の習熟、密度・パーセントについて基本的なことを教えた。

6歳7か月

 正と負な数の四則演算を習得する。

6歳8か月

 乗法公式と方程式を習得する。

6歳9か月

 連立二元方程式を習得する。

6歳10か月月

 一次関数、ルート(平方根)の計算、因数分解、二次方程式と二次関数を習得する。

6歳11か月

 図形を終えて中学校の数学がほぼ教え終わる。

7歳0ヶ月

 夏休みの課題にかけて比を中学レベルで教えた。

7歳1ヶ月

 自分の頭で考えることをテーマに訓練した。

7歳2ヶ月

 数学・算数の論点つぶしを始めた。最レベ問題の中学レベルへの引き直し。

7歳3ヶ月

 宿題との付き合い方と家庭学習の分量を見直し、学習全般を振り返って組みなおした。

7歳4ヶ月

 他の子供との学力の差がハッキリしてきたようなので、メンタル面を意識した指導の工夫を始めた。

7歳5ヶ月

 おっちょこちょいな性格に気づき、企業で使われるKYTを参考に効果的な手立てを考える。

7歳6ヶ月

 難関中学校の過去問を解かせて現状を確認する。我が家の家庭学習は「小中高大」を統合した飛び級教育という認識で進むことにした。また、勉強以外でも頭脳・心身の発達を促すため料理を教えるようになった。

7歳7ヶ月

 学習の伸び・成長を止めないために「自主性を促す方針」に切り替えた。筆者の干渉を減らし主体性を植え付ける目的で基本書(テキスト)を作ることにした。

7歳8ヶ月

 子供に将来のことを考えさせるため、哲学的な思考を絡めた対話を始める。夢を引き出して有目的的に過ごせるよう導くことにした。

7歳9ヶ月、10ヶ月

 中学三年生のトップクラス相当の実力を、身につけることを目標とする。そのために思考力の鍛錬を意識して、演習を始めた。

7歳11ヶ月

 本人より、算数の授業が退屈と聞かされる。公立中学校ではなく、私立の中高一貫校に入学すべきという結論に達した。

8歳0ヶ月

 中学受験に向けて、子供とともにタイムテーブルを組んでみました。大学受験の通過点ととらえ、何をすべきなのか戦略を共有しました。

8歳1ヶ月

 夏休みを利用して、普段できないとことや苦手なものを中心に演習しました。

8歳2ヶ月

 英語の学習を本格化させました。同時に自主性を高める方針を打ち出し、英数ともにメリハリのある指導を心がけました。

 

長男(小学生)の学習記録記事一覧

算数計算力を高める。 これまでに筆算のやり方を教えました。繰り上がり繰り下がりの概念をじっくり教え込んでいるので、思っていたよりはハードルは低かったです。教えたときの状況は別稿を参照ください。 筆算自体はシステマティックなので繰り返し手取り足取り練習させ、慣れれば解けるようになります。それで問題はどうやって繰り上がり・繰り下がりのある計算の速度と精度を上げていくかです。 最初はかずパズルのピースを...

九九を覚えさせる基本方針掛け算の基本を教えつつ前月度から少しづつ教え始め、7週間掛けて九九をマスターさせました。九九を教えるには詰め込みも大事ですが、基本になることや九九を覚えてどうするのかといったモチベーションの部分も大切だと思いました。必要最小限を手際よく九九を覚えさせるにあたり「掛け算の意味をどこまで教えるか」にこだわりました。必要最小限のみを手際よく教える。その意味では、非常に上手くいった...

算数暗算のレベルアップを図る 3桁×3桁の掛け算をマスターするために最初はくもんの小学ドリル(3年生のかけ算)を使用したところ役に立ちませんでした。自作のドリルで反復練習して2か月間でマスターさせました。 私がやったことは掛け算の習得とともに百マス(加減算)をカスタマイズして、基礎となる計算力を養ったことです。それに並行した掛け算の反復練習で素早い計算が身についたようです。本人もこの経験を通して一...

算数オリジナルな学習法 正直言って「まさか割り算はできないだろう」と思い込んでいましたが、教えてみたら案外あっさりクリアしたので驚いています。もちろん色々な工夫と血のにじむような努力(大げさかな^^)が裏にあります。遊ぶ時間を削って頑張った本人の努力の賜物です。 割り算はお試しのつもりだったので、参考書やドリルは一切買っていませんでした。全部ぶっつけ本番で「この子が覚えるためには何をなすべきか」と...

算数整数の加減乗除 整数の加減乗除の筆算は「体得した」と言えるほど完璧に身に付きました。「息を吸うように計算する」みたいな(笑)小数の加減乗除 それで小数を教えることにしました。とりあえず小学校で習うことになる「小数の加減乗除の筆算」はできるようになりましたね。教え方に興味がある方は「小数を教えるには」の記事をご参照ください。新しいルールを飲み込むのに多少の時間は掛かりますが、短期集中で乗り越えて...

教育に王道なし 分数は算数の中でもつまづきやすいテーマとされますが、年長児である我が子に教えることに成功しました。整数と分数の違いを毎回説明して、その後で計算問題も教えるという繰り返しでした。難しいことを教えるには「根気」が必要ということを感じさせられる1ヶ月間だったように思います。分数の足し算引き算分数の掛け算割り算仮分数&帯分数義務教育と自発教育の違い 小学校で教わることを前倒ししていく意味に...

新たな教材 図形を教えるにあたって計算力と数学的思考法を組合わせられるように多面的なアプローチで取り組むことを考えました。これまで学ばせてきた内容は数式的なものばかりだったので、感覚的・定性的な理解を加えようと思ったのです。それで教材を四つ購入しました。算数定規セット分数パズル算数なるほど大図鑑 (ナツメ社こどもブックス)さわって学べる算数図鑑 このうち「さわって学べる算数図鑑」は衝動買いでした。...

円の難しさ三角形や四角形は簡単 三角形や四角形を教えるために、角度という概念をまず教えました。角度の中でも直角(90度)は特別な存在で、面積を求めるのに必要な角度であることも教えました。 最初の段階としてcmを長さの標準単位、平方cmを面積の標準単位ということにして進めていきました。その上で方眼紙を使って各種の三角形や四角形について面積の計算方法(公式)を教えました。ここまでは比較的簡単なことでし...

図形に対する習熟面積や体積の計算演習 面積や体積の計算の習熟を図りました。面積を求めるにはそれぞれの図形の特徴がわかっていないと解けません。色々な形の図形の面積や体積の問題に、繰り返し取り組ませることで理解が深まります。例えば凹形の図形の面積は補助線を引いて複数の長方形の面積を求めますよね。そのとき縦と横の長さを知るために「長方形の向かい合う辺の長さは等しい」ことを繰り返し刷り込むわけです。引き算...

速さの計算 先月から速さについて教えています。とりあえず時速・分速・秒速を求めることができるようになりました。 教え方のポイントは大事なことを繰り返し教え、瞬時に言えるぐらいまで暗記させるということ。速さの概念を定着させるために実例をたくさん用いました。速度=単位時間あたりに進む距離 「時速とは1時間に進む長さのこと。分速とは1分間に進んだ長さのこと。秒速とは1秒間に進んだ長さのこと。」これを理解...

速さ 速度を計算するのが上手にできるようになったので、時間や長さ(距離)を求める方法を教えました。これを公式として教えるのは簡単なのですが、意味をわかって計算したほうがいいので図を書いて考えさせました。「長さ=速度×時間」はわかるみたいですが、「時間=長さ/速度」はよく間違えます。方程式を教えようかとも思いましたが、前述のとおり意味が分かるほうが先決なのでぐっとこらえて何度も何度も説明を繰り返しま...

大学受験を見据えた学習数学的センスを磨く 当初は今後の一年間は小学校算数の復習に時間を充てる予定でおりました。未就学児である我が子に中学校の数学を教えようと思ったのは、数学的センスが身に付き始めている兆候を感じ取ったからです。 例を挙げると…速さと距離から時間を導き出す計算で、代数として□を用いる(速さ×□=長さ)話がすんなり理解できて「□=長さ/速さ」と教える前に計算できたこと。ある分数を約分で...

方程式まで進めたことに満足 保育園の年長児として最後の月は、思いがけず乗法公式と方程式まで進むことができました。正に想定外。文字式と正負の数がしっかり根付いていたおかげで、1ヶ月という短期間でマスターできたものと思われます。区切りの良いところまで進むことができたし良い記念になりました。 そしてただこなしただけでなく数学的思考の定着に確かな手え応えが感じられ、大安心の下で小学校入学を迎えられることに...

平仮名の宿題 小学校に入学して二週間が過ぎました。習っていることは音読とか文字の書き方など本当の初歩。基礎段階です。平仮名の練習の宿題をやらせてみると手本のように書けない字がたくさんあります。 手本通り真似して書くのは小学一年生にとって難しいことなのでしょうか。宿題は毎日ありますが、最初は本人の自由に任せていたところ下手糞なまま終えてしまいます。そこで私がビシバシ指導することにしました。時間を惜し...

家庭学習でしか行えない気配り 今月は平方根の計算と因数分解と二次方程式をマスターしました。どれも関連性のある単元なのでブランクが空かないように緻密にスケジュールを組みましたが、消化不良を起こさずにキッチリこなせたので安堵しております。参照記事一次関数を子供に教えるルート(平方根)の計算因数分解二次方程式と二次関数 ところで子供が覚えたことを忘れないようにメンテナンスするのもけっこう気を使うものです...

 図形がほぼ終わりました。よって中学校の数学は確率を除いて終わったことになります。確率は高校の単元(確率と統計)を教える時のついでに行う予定です。高校の数学はこれまでにやった中学の習熟度を十分に高めて、来年四月からできるといいと思っております。参考:図形を中学レベルで教えてみた進路を決める時期について 数学を優先して学習させているのは何時の時代でも理数系のほうが就職しやすいと感じているからです。私...

夏休みの課題 夏休みが7月21日に始まりました。夏休み期間中も家庭学習を自分のペースで進めたかったので速攻で片づけることに力を尽くしたのでした。それと同時に夏休みの課題を利用して、我が子のスキルアップにつなげました。自由研究 自由研究は「歯の大きさと形」と題して、子供が好きな動物の歯の違い・自分の歯が乳歯から永久歯に変わる意味など考えながらまとめさせました。まとめさせたと言っても実際は私が「まとめ...

 勉強に限らず「できるようになる」ということは、子供に希望をもたらします。子供の未来を切り開く意味では夏休みの前と後では、何ができるようになったのか親として反省すべきではないのかと考えているところです。自分の頭で考える 我が息子の場合は親が関わらずにできる度合いを重視しております。この夏は「自分の頭で考える」をテーマに取り組んできました。これから先も考えないと解けない問題やひねりを加えた問題をいっ...

 宿題を積極的に活用するようにしています。宿題をやる気の指標にして学校生活がどうなのか想像してみることもあります。子供の調子は字に現れることが多い気がします。本稿では宿題の字を通してアドバイスした体験を書いてみました。まずは定例の学習の近況です。学習の近況 最近はこれまで学習してきた中で「抜けている論点」をつぶしていくことをやっています。数学の高校入試問題の難しいものが楽々解けるようになることを目...

宿題に時間が掛かるようになった 宿題が多くなってきたため、思うように進めないもどかしさが感じられるようになりました。宿題に掛かる時間が長いと集中をそちらに使ってしまうので、その後の家庭学習に影響が出るようになってきたのです。この一ヶ月は家庭学習を先にやってみたり試行錯誤を続けておりました。帰宅後から休みなくやっても就寝時刻が遅くなる現状をどうするのか向かい合いました。学習量と時間数の見直し 宿題は...

チヤホヤされるリスク 子供をテストの成績のことで褒めないようにしています。その代わり家庭学習で苦手な問題が克服できた時には大いに褒めます。どういうことかというと成績がよくてチヤホヤする育て方は、ろくな結果にならないからです。一方、学んだ成果をたたえることは求道の精神につながります。 周りに神童と言えるような頭がよい子供さんはいませんか?神童ばかりが通う学校では神童が神童でなくなります。筆者の学生時...

アホに付ける薬はないのか?我が子の素顔 当サイトをお読みの常連の方は意外に思われるかもしれませんが…。筆者の息子は馬鹿っぽいことやふざけたことが大好きで、少年漫画やアニメを楽しんでアホなことばかり言っています。女子から「不真面目」と言われそうなタイプの男子ですね。最近見た昭和の漫画でおぼっちゃまくんを知っていて「ともだちんこ」とか「おはヨーグルト」と挨拶するのがマイブームだったりします。 筆者は「...

早期教育の三年間を振り返って 長男と次女の家庭学習でそれぞれ安定した手ごたえを感じております。「これから早期教育を始められる方」のために何か書けるのではないかと思い、三年間を振り返りました。家庭学習の立ち上げは重要イベント離陸はいつも緊張しますね。 次女について4歳7ヶ月の学習記録では家庭学習の立ち上げが非常に上手くいったことを報告しました。飛行機の運行になぞらえて「離陸が上手くいき高度を上げ終わ...

※本稿で言う基本書(テキスト)の科目は、算数&数学限定です。ポケモン見てますか? 毎週配信サイトのビデオでポケットモンスター サン&ムーンを、子供たちと一緒に見ています。主人公のサトシはポケモンバトルの達人です。見るからに弱そうで「ゆるキャラ」みたいなポケモンに大胆な指示を与え、体格が大きく強そうに見える相手のポケモンを凌駕してしまうところが面白いですね。圧倒的に不利な状況であっても戦術を工夫する...

お子さんの夢は何ですか?将来の夢アンケート 卒業のシーズンを迎えていますね。長男が通う小学校より、PTA制作の六年生の実名入りコメント集をいただきました。そこで目を引いたのが「将来の夢について」です。具体的な職業を挙げている児童がほとんどです。1位 看護師(6%)2位 医師、教師(各5%)3位 美容師、野球選手、ゲームクリエイター、キャビンアテンダント(各4%)業種別に見ると次のグラフのとおりです...

偏差値70以上を目指すトレーニング現在は小学生向けの問題は、ほとんどやっていません。中学校の数学をメインに、演習問題を回しています。一般的な公立中学校の三年生でトップクラス相当(上位2%)のレベルになったら、高校レベルの数学を教えようと考えております。つまり中学三年生の偏差値70以上を、とりあえず目指しているということ。現在のところは、まだ「中の上(偏差値55ぐらい)」だと思われます。計算の速さ・...

人生の岐路に立つ長男は、やっと8歳の誕生日を迎えました。奇しくも今月は、進路について考えさせられることが、いろいろ起きました。そして「算数の授業が退屈すぎる」という、衝撃の言葉も耳にしました。8歳の子供って残酷なくらい、正直ですね…。それと中学受験が、どうつながるのか…中3のトップレベル相当(偏差値70)を目指して現在、中学校の数学を、基礎から徹底的に復習させています。やらせてみてわかってきたのは...

筆者の子供は、中学受験をする展開になってきました。かけがえのない「若い時期をどう過ごさせるか」熟考した結論です。→参照:中学受験を決意する目的の中高一貫校は、身の丈に合ったところを受験します。よほどのことがない限り、合格することでしょう。むしろ入学してからのほうが、重要と考えております。ただし、受験勉強の手を抜くわけではありません。成績分け(差別化)されるので、中学入学から高校卒業まで「常にトップ...

夏休み限定の特訓子供は足の怪我により、夏休み中はどこにも行かれませんでした。家でおとなしくしている間に、勉強はだいぶはかどりました。一日に9時間程度、英数国の問題集を解くように指示を出しました。題して夏季集中特訓。苦手なところや普段できないところをじっくりと克服するとともに、自発性を促す訓練でもあります。小2なので集中力が続かない日もありましたが、概ねできていたようです。この一ヶ月で6つの教材を二...

教科によって、学習指導のポイントは違う。今月は数学と英語の指導にメリハリをつけ、学習内容を充実させました。学習と一口に言っても、「頭を使う教科」と「覚えることが中心の教科」がありますね。前者の代表は数学で、後者には地理・歴史のほか英文法があります。前者には頭を柔らかくする、「頭の体操的な演習」が必要です。後者にはアウトプットが上手くなるように、「知識整理が目的の演習」が欠かせません。教える側として...

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top