小学校卒業までに何を学習するべきか。

小学校卒業までに何を学習するべきか。

中学受験を予定する長男は工学部志望。現在小5です。小学校を終えるまでに何を学習するべきなのか考えてみました。どういう職種を目指すのか具体的に想定しています。

受験の終着駅について考えさせる。

 

子供に「目覚め」を促す。

前回の記事より5ヵ月間、投稿が空きました。

 

子供たちはそれぞれ誕生日を迎えました。間に夏休みも入りました。

 

筆者の中では、子供の学習がある程度まで進むと、

 

教鞭を執る等々技術的な指導よりも、

 

「何のために学習しているのか」という、目覚めを促す指導が重要と感じられるようになってきました。

 

5ヶ月の間に何をやっていたかが、当記事の主な内容となります。

 

長男(小5)の近況

大学を受験する意義を明確化させる。

長男は日々の家庭学習に緊張感が無く、身が入っていないことがよくあります。

 

学習中にぺちゃくちゃ話してみたり、集中できなくて時間ばかり過ぎてしまうこともありますね。

 

当サイトで何度も書いているとおり、長男は工学部を志望しています。

 

ただ仕事に就いた経験が無いので、動機やイメージが漠然としています。

 

志望はしているものの目的がぼやけたまま、とりあえず大学を目指している状態ですね。

 

そこで最近は製造業やサービス業についてどんな職種があるのか、機会をとらえて話すようにしています。

  • 株式会社の仕組みについて。
  • 業法について。
  • サラリーマンにはどういう職種があるか。
  • 公務員・官僚って何なのか。
  • 日本国衰退の歴史と原因。
  • 社長の役目について。役職って何なのか。
  • AIや量子コンピューターによって、何がどう変わるのか。
  • 本当の意味で世の中を動かしている実体とは。

等々・・・

本人の思考力を鍛える訓練も兼ねて、質問&レクチャー形式で進めていきます。

 

やっていくうちに子供の性格や資質が、より明確になってきました。

 

長男に向いている職業を推定する。

長男は小5ですので、小学校卒業まで二年を切りました。

 

筆者は彼の性格や普段の暮らしぶりを見ていて、サラリーマンよりも実業家の気質だと感じるようになってきました。

 

性格がアバウトなので、開発・研究職に向いているとは思えません。

 

彼の持ち味は、やりたいことをブレずに貫く頑固さです。

 

また好奇心が旺盛で、面白いことが大好きです。

 

人とかかわることが大好きで、誰にでも話しかけます。

 

企業の総合職を目指す。

彼を分析した結論は、実業家若しくは技術系の総合職に向いているのではないかと思います。

 

技術系ではあるものの法律や財務の知識もあり労務管理や営業もできる、オールマイティな人材を目指していくとよいかもしれません。

 

その上で工学部志望に関して、筆者に異存はありません。

 

とりあえず「技術系総合職」を目指して、いろいろな経験を積ませていくのがいいのではないかと思いました。

 

当然ながら実業家の道を残しておくことは、言うまでもありません。

 

同じ総合職でも事務系と技術系では、技術系のほうが両刀使いになれる可能性が高いと考えます。

 

彼が実業家を目指す場面では、きっと両方の知識が必要になるはずです。

 

学習態度に現れてきた。

以上のことを、筆者の体験を交えながら長男に伝えました。

 

「仕事としては面白そうやなあ」と提案を肯定的にとらえ、頑張ってみたいとのことです。

 

以前の筆者は子供に諭すときの説教が長くて、自分自身が嫌になったものですが・・・

 

最近は、だらけているときに「大丈夫か?」と聞くだけで、

 

「あ、そうだった。」と、学習に向き合う姿勢を取り戻すようになりました。

 

以前と同じ学習内容でも「何のためにしているのか」という気づきがあるのとないのとでは、大きな違いがあるようです。

 

「達成感が違う」と、本人が話していました。

 

”やりがい”につながる指導を、今後も続けていきたいです。

 

すべては大学受験のため

とりあえずの進路が定まったところで、学習の方向性を打ち出しました。

 

考え方の切り替え

中学受験は後述するとおり、合格圏内に入りつつあると思っております。

 

ただし受かっても落ちても、通過点に過ぎません。

 

与えられた場で、大学受験に向けて頑張るだけです。

 

日々の家庭学習は、志望大学の受験をメインに考えることにしました。

 

中学受験対策的な学習はもちろん、小学校の授業も宿題も「すべては大学受験のため」と考えます。

 

さらに「大学とは、目的達成のための一つの手段に過ぎない」ことも、日常的に話すようにしております。

 

ただし中学受験対策とのバランスが、大事だと考えております。

 

数2Bを優先させることにした。

冬休み前に数2Bを終わらせたいと考えております。

 

その後は週1で復習するくらい。

 

数3は中学受験が終わって、余裕があったら春休みにやりたいです。

 

ちなみに英語(文法)は中学校卒業レベルまでは履修済みであり、既に「週一で復習」にペースを落としています。

 

微分積分までは手を抜かずに学ばせたい。

微分積分は物理学・工学を学ぶ上で、一丁目一番地だと考えます。

 

早い時期から数学に慣れ親しんで、科学や工学の専門書をたくさん読んでほしいと願っております。

 

そのためにも小学校時代に微分積分くらいは、マスターしておくべきです。

 

中学受験対策の進捗状況

算数の中学受験対策

過去問や下剋上算数その他の問題集を解かせてみると、

 

問題に対する考え方(式を立てるとか)計算力は、まったく問題ありません。

 

ただ、特別な閃きが必要な問題で、歯が立たないことがあります。

 

現時点で「合格圏内にいる」と考えております。

 

国社理について

国語・社会は合格圏内。

 

ただし漢字を書くのは苦手で、間違えることがよくある。小6の漢字は未習。

 

小学校の授業で小5の漢字が出尽くした2月あたりから、「受験に頻出の漢字」だけをやるつもりです。

 

そのための書籍を購入しました。

 

 

https://amzn.to/3ef9o38

 

 

 

https://amzn.to/3ymJcdF

 

 

理科は手を付けていない単元が多い。

 

小学校の授業で既習の単元について、補完しながら進めるのが合理的と考えております。

 

次女(小2)の近況

数2Bをメインにやっている。

長男に教えるついでに、次女にも数2Bをさせています。

 

長男と同等にデキています。

 

期待以上によく出来るので、教えがいがありますね。

 

次女は優等生タイプ。研究職が向いているかもしれません。

 

「将来は学者かな?」みたいに、親バカな妄想をしてしまいますね。

 

長男は就職時の年齢を考えると、学士若しくは修士までですが、

 

次女は学者になるのであれば、博士課程に進ませてもいいと考えております。

 

中学受験対策

次女は算数・数学の分野であれば、長男が解ける問題は全て解けます。

 

他の教科は冬休みに、プレ教材から始めようと思っております。

 

天敵は小学校の宿題?

長男・次女ともに、小学校の宿題が多くて困っております。

 

先生方は教育委員会に対し、「やってる感」を醸し出さないといけないのでしょうか・・・

 

量を重視するような風潮がありますね。難行苦行の割には、効果が薄いと感じます。

 

筆者としては、「宿題はお付き合い」でさせているようなものです。

 

せっかくやるのだから「綺麗に見やすく書く練習」ということで、マジメに取り組ませています。

 

学習の軌跡

例によって、次女の家庭学習について上げていきます。

 

夏休み前までは下剋上算数をメインにして、中学校数学・数1Aもやっていました。夏休み以降は数2Bばかりやっています。

 

下剋上算数

問題文を抜粋し、コピーして使っています。

 

下のように1枚にまとめるか、複数枚に書くかは本人に任せています。

 

 

 

https://amzn.to/3vQCQRe

 

中学校数学


 

 

https://amzn.to/3iXVm3U

 

数1A



 

 

 


 

 

 


 

 

https://amzn.to/36eJpBQ

 

数2B



 

 

 

 

 

 

 

 

https://amzn.to/3yrB23v

 

その他

夏休みの工作

夏休みの工作は、予め考えていたことを実施しました。

 

一応、何をやりたいか聞きながら、実現可能な形に誘導しました。

 

長男には調理をさせたかったので、乾燥野菜作り。

before

 

野菜と果物は切って乾燥させ、米はご飯にして干飯にしました。

after

 

出来た乾燥野菜を材料として、料理を四品作らせました。

 

 

そしてやったことを、PCで編集させました。

 



 

次女は「ぐりとぐらを作りたい」とのことでした。たくさんアドバイスして、できないところは手伝って・・・

 

 

次回の更新について

次回の投稿は、来年の4月を予定しています。長男は6年生になっており、受験に向けてあわただしい更新になることでしょう。

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

 

中学受験・高校受験の対策

にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

 

幼児教育・未就学児の学習