ガチホ流投資術

ガチホ流投資術

仮想通貨(暗号資産)や株の投資で、稼ぎやすい方法と言われているガチホについて解説。ガチホで含み益が出た事例や、失敗しがちな注意点について。ガチホと併せて行うと効果的な戦術や草コインの取引など、実戦に基づき多岐にわたり解説しています。

こんなにマッタリしていて、いいの?

前ページの続きとして、投資のノウハウについて解説していきます。

 

まずは「ガチホ流」→長期目線の投資術についてです。

 

 

マッタリのんびりしているほうが稼げます。一生懸命やらず、むしろ「忘れること」です。

 

 

長期な目線が勝機を運ぶ。

相場が急落しても、すぐに買わない。

用心深く、気の長い人ほど、安定して稼げる傾向があると思います。

 

仮想通貨取引は「値段が安いときに仕込んで、高いときに売れば利益が出る」簡単な理屈です。

 

ただし未来の相場がどうなるのかは、誰にもわかりません。

 

売り買いのタイミングにより、損益が変わるということ。

 

つまり取引の仕方で、勝率を上げることができます。

 

 

急騰したので「売りのチャンスだ!」と思っても、

 

売った後で「値段が二倍・三倍に上がった」というのは、投資の世界では普通のことです。

 

これは買う場合も同じです。

 

急落して「買いのチャンスだ!」と思っても、

 

仕込んだ後で相場がさらに暴落することは、想定に入れておくべきです。

 

当記事では売り買いのタイミングの見極め等々、取引の役に立つことを解説していきます。

 

レバレッジ取引を避ける。

レバレッジ取引とは、口座に預けた証拠金を担保にすることで、証拠金の数倍・数十倍の金額で取引できるサービスです。 レバレッジには「てこの原理」という意味があり、少ない資金で大きな金額の取引ができます。

私の今のやり方は、現物取引のみ。すなわちレバレッジ(倍率)を掛けずに、持っている資金だけで取引します。

 

レバレッジ取引はちょっとしたミスが命取り(大損)になるので、避けるようにしています。

 

ロングでもショートでも(レバレッジ取引の種類)どちらであっても、

 

生死を賭けたジェットコースターに乗るようなものです。

 

精神がすり減ります。

 

取引画面の前に張り付いて、ちょっとした上がり下がりの変化を読み取る作業となります。

 

神経を張り詰めて、集中する必要があるのです。

 

「自由な時間」とは真逆の、「拘束された時間」です。

 

そして次に示すガチホ戦術に、レバレッジは不要なのです。

 

ガチホ戦術

投資で稼ぐ話題になると「ガチホ最強説」というのが、よく挙げられます。

 

ガチホとは相場が上がっても下がっても、ずっと持ち続けるという作戦のことです。

 

細かい値動きに一喜一憂することなく、いずれ上がるから「それを待つ」というスタンスで売らずに持ち続けます。

 

売り買いを頻繁にする人よりも、忙しいのでほったらかしの人のほうが、

 

「結局は大きな利益が得られている」と、巷ではよく言われています。

 

例えるなら徳川家康のような、気が長い人は「優れた投資家になれる」と思います。

 

ガチホで稼ぐために認識すること
  • なぜガチホが優れているのか。
  • どういう銘柄を購入するとよいのか。
  • ガチホしている限り確定しませんが、買うタイミングや手放すタイミングはどうすればよいのか。
  • メンタルはどうやって保つのか。
当カテゴリの中で適宜、解説していきます。

 

草コインの買い方と売り方

有望な草コインをガチホするのが理想

草コインは、時価が低いうちにゲットしたい。

草コインとは出来たばかりで、まだ時価総額が小さいコインのことです。

 

無名なコインがほとんどです。

 

草コインは需要が少ない価格が低いときに、購入するようにします。

 

ちょっと上がっただけで100倍とか1000倍の価格上昇はざらです。

 

なので私は主に草コインを、暗号資産投資の対象としています。

 

コツは欲張らずにちょっとだけ仕込むことです。

 

そのコインに需要が生まれず、何年たっても鳴かず飛ばずだと、

 

お金をどぶに捨てるようなことになるからです。

 

お小遣いの範囲で・・・。

 

詐欺コインに関わらないようにするには

ところで、お気を付けください。

 

草コインと呼ばれるものの中には、詐欺コイン(スキャム)が一定数あると思っておいたほうがよいです。

 

「自動化された無人取引所」を覗くと、いかにも怪しげなコインがたくさんあります。

 

これを俗に「魔界コイン」と言います。

 

無人取引所は使わない。

一見儲かりそうな怪しいコインを買って間もなく運営者がドロンして、大きな損害を被った事件が後を絶ちません。

 

魔界は絶対に避けたいです。

 

ちなみに私はユニスワップやパンケーキスワップとかメタマスクといった、無人取引所は使いません。

 

バグとか脆弱性によって、預けたもの全てを失ったとしても誰も何もしてくれませんので。

 

つまり無人取引所を使わないのは、詐欺コインを避けるためです。

 

資産を安全に増やすためです。

 

草コインは有名な取引所で購入する。

草コインは、どこで買えばよいのでしょうか。

 

国内取引所には値段が上がった後のコインばかりで、

 

時価総額が低いコインが、とても少ないです。

 

これは金融監督庁の指導によるものなので、国内取引所のせいではありません。

 

一方で海外の取引所には、有名コインも草コインもたくさんあります。

 

私は名前の通った海外の取引所で、草コインを買うことがほとんどです。

 

上場後の暴落コインを狙う。

草コインであれば、いつ買ってもよいとは限りません。

 

では、どのタイミングで買えばよいのでしょうか。

 

めぼしい草コインが、それなりに名の通った取引所に上場した後の、

 

暴落したタイミングで買います。

 

ある程度駆け上がった後で、十分に落ち込んだところを買い集めます。

 

過去にそれなりにバズった実績があり、今は大きく落ち込んでいるが、動きが全くないわけでもない。

 

そういうコインを選ぶようにしています。

 

ガチホの原理を解説

ガチホの優位性

最も有名な仮想通貨、ビットコインのチャートをご覧ください。

「2010年5月22日 - アメリカ・フロリダ州でプログラマーがピザ2枚を1万ビットコインで購入したのが、ビットコインで商取引が成立した最初の例と言われている。」wikipedia

アメリカでピザの相場は、Mサイズのピザ2枚で1,000円程度とのことで、1BTC=約0.1円ということになります。

 

2021年11月5日現在のビットコインの価格は、約700万円です。11年間で7000万倍に値上がりした計算です。

 

もしも当時ビットコインを10円分購入していたら、現在の価格は7億円に膨れ上がっているということです。

 

このように値段が安いうちに買って、「ガチホしていれば、いつかは上がる」ということに気が付くことでしょう。

 

ガチホで重要なのは購入のタイミングです。底値に近ければ近いほど購入は成功ということです。

 

ただし、いつが底値だったのかというのは、時間が経過してみないとわかりません。

 

投資を始めていつしか・・・

 

「大きな山を築いてから落ち込んだコイン」を購入する方法を思いつきました。

 

いわゆる「ナンピン買い」と呼ばれる手法ですが、私の場合は下落途中では買わないように細心の注意を払います。

 

落ちて十分になだらかな状況(横横)になってから、数回に分けて買う「慎重なナンピン買い」です。

 

 

「たらればの話」にはなってしまいますが、

 

もしも上記の方法を使っていたなら・・・

 

明らかにビットコインで稼げていたことが、お分かりでしょうか?

 

ビットコイン以外の、有名どころのコインのチャートもご覧ください。

 

イーサリアム

 

ライトコイン

 

リップル

 

テゾス

 

カルダノ

 

AVAX

 

大きな山を築いた銘柄の、安定して落ち込んでいるときを狙う。

 

私がやっている方法だと、よいタイミングで購入できる場合が多いと思われます。

 

含み益が大きくなっていくと、幸福感に包まれた毎日を送ることになるでしょう。

 

なるべくいろいろな銘柄を、趣味の範囲で少量ずつ持つことをおススメします。

 

少量ずつ保有するとリスクが小さくなり、たとえ損をしても傷が浅いので笑ってすまされます。

 

逆に思いがけず上がったら、とてもハッピーな気持ちになれますよ。

 

選び方を「チャートの形」で言うと・・・

 

日足で見た時に、非常に大きな山(三尊またはダブルトップ)が形成され、その後は横横を続けてフラットになっているところ。

 

バイナンス銘柄で説明していきます。

世界の取引所最大手であるバイナンスで、扱われる銘柄を見ていきましょう。

 

この記事を書いているタイミングで(2021年11月5日時点)、検討に値する銘柄を挙げてみます。

 

(※実際に買ったわけではありません。)

 

ファンダメンタル抜きで、チャートの形だけ見た場合ですのでご承知おきください。

 

BEAM

 

DUSK

 

DENT

 

LTO

 

KMD

 

FUN

 

ETC

 

EOS

 

DIA

 

DGB

 

お分かりいただけたでしょうか?

 

同じ落ち込んでからの横横であっても、日足で上昇トレンドっぽいものを選びます。

 

⇒持ち始めた初期の精神的ストレスが、少なくてよいと思われます。

 

実際に買うタイミングは、出来高が増えてきたときを狙います。

 

気に入った銘柄だけを、調査して買うことにした。

ガチホしていれば「いずれ値段は上がるだろう」と、腹をくくって購入を決めますが…

 

チャートの形状だけで投資の銘柄を決めてしまうと、ガチホの握力がどうしても弱まります。

 

買ってはみたものの「需要はあるのだろうか」「好きになれない」「含み損のまま握っているのが苦痛」等々、思ったような値動きにならないと手放したくなるんですよね。

 

なので最近はファンダメンタル(その仮想通貨を取り巻く要因)重視で、自分で調べた情報を元に選んでいます。

 

その情報とは仮想通貨が発行するホワイトペーパーや関係者・ライバル等々のtwitter投稿、関連するニュースや資料などなど。

 

そして自分の気持ちに正直に、

 

「納得して買う」

 

これが一番、ガチホが長続きします。

 

どういう銘柄を探すのか。

 

開発が継続しているのに、値動きが下降を続けているものや、

 

長い間、チャートが横横していて握っていてもつまらなそうで・・・

 

熱狂的ファン以外からは、相手にされない銘柄が最適ですね。

 

前評判が大きかったのに、ふたを開けてみれば「期待外れ」等々、

 

投資意欲がそがれているコインを探すとよいでしょう。

 

私が選んだ草コインの中で、有名な銘柄を例に挙げると・・・

 

登場してすぐに暴落したXYM(シンボル)は、「実力に対して、価格が低い銘柄」ということで購入しました。

 

下記はXYMのチャートです。

 

 

ガツンと一回は高値を付けて、その後ひたすら下がり、

 

初期の購入者にとって、含み損が膨らむ憂鬱な日々が続き、

 

みんながXYMに失望するまで、待ちました。

 

参考にしているのが、ホルダーの皆さんがSNSで話題に取り上げる頻度と内容です。

 

XYMの値が上がらないので、ネタと言えばハーベスト(マイニングみたいなもの)の話題ぐらいで・・・

 

「買い増ししよう」という積極的な声もほとんどなくなり、

 

上がる気配が全くないタイミングを見計らって買ったところ、ほとんど底値に近かったです。

 

日足が十字線で確定したので、「ちょうど良いタイミングだったかも」と思いました。

 

ガチホ的なチャート分析法

主に日足のチャートばかり見ています。

 

短期の上がり下がりは、ガチホ的には意味がないと考えております。

 

その上で、日足に十字線が現れると、そこが上昇/下降の転換点になることが多いです。

 

十字線と同様にT字でも、実体が短くて下ヒゲが長いものであれば同様に考えます。

 

つまり下降してきたチャートに注目して「日足の十字線」が現れたときは、買いのチャンスかもしれないということ。

 

「底値に近いところで購入する目安」というわけです。

 

取引はなるべく小分けにすること。

「一発狙いはしないこと」です。

 

50万円の購入予算があったら、10万円×5回ぐらいに、

 

なるべく小分けに購入するほうが、上手くいくことが多いです。

 

一気に買うのではなく、何段階にも下のほうに向かって差し値を入れていく・・・

 

「平均取得単価」という考え方が必要です。

 

下がったからチャンスと思って、全部のお金を投入したら、

 

もっともっと下がっていって、泣きたくなるような「大きな含み損を抱える」ってよくある失敗例です。

 

売るにしても買うにしても、「一度に大量に」では、投資が長続きし難いでしょう。

 

モチベーションが大切。

大量取引でうまくいかなくなると、上がるのを待つにしても損切にしても、

 

そこからゼロまで戻るのに、手間と時間が何倍もかかります。

 

「自由に使える時間と資産」は、手に入りにくくなります。

 

モチベーションが下がることが、最大の損失です。

 

高いモチベーションを維持できるように、安全第一が鉄則です。

 

「ちょっと足りないかな」ぐらいずつに小分けすることをおススメします。

 

利益確定のタイミングについて

利益確定で気を付けているのが、なるべく少しずつ利確することです。

 

そのほうが「ガチホ作戦の考え方」に、マッチするからです。

 

利確してかかる税金も、込みで考えるようにしています。

 

購入時の10倍くらいになったら、原資の200%分を回収する感じです。

 

元を取った後は、値上がりを楽しむだけです。

 

一応、50倍になったら、その残りから半分を売ります。

 

その後は、100倍を目指します。100倍になったら、さらに残りから半分を売ってもよいかなと思います。

 

もし100倍まで上がらなかったら、死ぬまでガチホしていることでしょう。

 

ガチホのデメリット

金額が大きくなるほど、自由にできる資金が少なくなるということです。

 

だからこそ、私はお小遣いの範囲内でしかガチホしないのです。

 

極端な買い方をしないほうが、得をすることが多い。

 

私はどんなに多く買ったとしても、「1銘柄1回につき、20万円以内」に抑えることにしています。

 

たいていは3万円から10万円です。

 

ただしさらに安くなった時の、買い増しはアリです。

 

下がったときのためにも、極端な買い方はしないようにしています。

 

ドルコスト平均法(一定額の予算額を、一定期間に分散させる購入方法)で、少しずつ買い増しするのは良い方法ですね。

 

また銘柄を多種類扱うことも、リスクの分散につながります。

 

ガチホの神髄は、コインの信者になること。

ガチホ≒好きなコインと結婚→後悔しないことが大事

いくら値段が暴落していたとしても、好きになれないコインは買わないことにしています。

 

逆に好きになってしまったら、コインと結婚する気持ちで買い集めます。

 

ただし「みんなが手放したくなった時」という原則は、守ってのことです。

 

最近だとXDC(XinFin network)とQuant(QNT)が、好きで好きでたまらなくなりました。

 

私は嫁さんを大切にする性格なので、

 

おそらくガチホ中心の投資の仕方は、自分に合っている気がします。

 

信じる者は救われる。

ある意味、ガチホの精神は宗教に似ています。

 

このコインは必ずバズると信じていればこそ、ガチホができるのかもしれません。

 

信じるからには根拠が必要です。

 

前述のXDCとQuantは、YouTubeで見た動画(テスラチャンネル)の影響で好きになりました。

 

自分でも一生懸命調べてみて、「これは間違いない!」という確信からガチホし続けています。

 

「自分でも調べてみる」というのは、握力を強めるにはとても大切なことだと思います。

 

仮想通貨の利益を貴金属に投資する。

仮想通貨と貴金属取引は相性が良いかも。

用語解説

  • 不換紙幣
  • 金銀などの本位貨幣と、交換してくれない紙幣のこと。
    政府の信用が価値の源泉だが、その信用は金の保有量によって担保されている。

  • 兌換紙幣
  • 金銀などの本位貨幣と、交換してもらえる紙幣のこと。
    ドルも円もそれぞれ、兌換紙幣だった時代があった。

貴金属投資はなぜ必要か。

暗号資産や株式投資で得た利益を、再投資するのか消費や貯蓄に回すのかは「儲かり具合」にもよると思われます。

 

近年は世界中が、破綻寸前の債権で満ち溢れており、

 

日本においても銀行に預けるリスクを、考えないわけにはいかなくなりました。

 

銀行の護送船団方式(預金保険制度)について、私は疑問を抱いております。

 

恐慌など本当の有事には、実際に機能するのでしょうか。

 

ドミノ倒し式に破綻していっても、口座が凍結されたりしないのでしょうか。

 

今はやむを得ず銀行には決済資金しか置かずに、余裕分は貴金属投資に回すことにしています。

 

金の現物に勝るものはない。

現代は金本位制ではないはずなのに、各国の中央銀行は「金の現物」を競うかの如く購入しているのが実情です。

 

これは中央銀行たちのボスである国際決済銀行による規制「バーゼル3」を受け、

 

安全資産である金の現物を集める必要が出てきたことが大きな原因です。

 

ここで金は現物でなければならず、電子データに過ぎないペーパーゴールドではだめなのです。

 

ましてやペーパーマネー(不換紙幣)は、論外ということです。

 

金融経済の建前は「ドルが基軸通貨」でも、実体は「金の現物」本位制と言ってもよいでしょう。

 

不動産ではいけないのか。

貴金属と不動産を投資で比較してみた時、

 

不動産は賃貸するにも売却するにも、時間と手間がかかりすぎます。

 

近年は災害が多くて、直撃を食らうと立て直すのにもお金と時間がかかります。

 

震災・津波・豪雨等々、インフラが壊れてしまうこともあります。

 

そうなったら自分の力だけでは、価値の滅却についてどうすることもできません。

 

また今の時代は少子高齢化を背景に、

 

不動産はあまりぎみで、買い手が付かなくて困っている時代です。

 

平成時代に賑わっていた繁華街ですら、閉店が相次ぎ客足が減少する一方のようです。

 

貴金属投資はネットで完結する。

こういう時代は、ネットで完結する取引で稼ぐに限ります。

 

不動産取引と仮想通貨取引とは、対極にあると言えるでしょう。

 

仕入れるにしても売却するにしても、仮想通貨取引は手間がかからずできますよね。

 

そして仮想通貨取引と同じように、

 

等価性を持ち価値が棄損されない、ネットで完結する取引と言えば・・・

 

貴金属のネット取引なのです。

 

次の4つの会社は業界大手で、大勢の一般投資家が利用しています。

 

銀行はもうダメかもしれない。

話を利益の再投資に戻します。

 

2008年9月のリーマンショック前は、銀行員が良い就職先としてもてはやされていました。

 

しかし今はメガバンクさえ大規模なリストラを行っており、そのギャップには驚かされます。

 

銀行は金利がマイナスのため、本業が儲からないんですよね。

 

怪しげなデリバティブ商品とか、外資系でハイリスクなものばかり売るようになりました。

 

合併を繰り返しても利益が思うように上がらないようで、死にかけている銀行がたくさんあります。

 

ところで仮想通貨をやっている人なら、

 

DeFi(Decentralized Finance:分散型金融)が金融経済にもたらす影響に、気が付いている人が多いことでしょう。

 

ブロックチェーン技術を使った分散型監視により、安全を構築する仕組みです。

 

ネットで完結・自動化した「無人の銀行」みたいなもの。

 

銀行でできること(投資・融資を含む)は、全てできますから・・・

 

DeFiがあれば、銀行いらなくなりますよね。

 

これは時間の問題であり、将来なくなるであろう職業の一つに銀行員が挙げられると思います。

 

田中貴金属工業(株)に注目

ぶっちゃけた話をするとメガバンクよりも、

 

田中貴金属工業(株)のほうが、破綻しにくいと考えられるのです。

 

理由としては、

 

まず有事に近づくほど、法定通貨(不換紙幣)よりも、金の現物のほうが価値を持つことです。

 

法定通貨の実体は前述のバーゼル3に基づき、事実上は金で担保されています。

 

紙幣と金の現物と、「どちらを扱う会社を信用しますか?」という話なんですね。

 

それと日本のメガバンクをはじめ地方銀行も、株を外資に握られています。

 

つまり日本にある銀行は、どこも外資の傘下に事実上入っているので食われっぱなしの状態です。

 

一方で田中貴金属は株式を上場していないので、そういう部分も信用の一つと言えますね。

 

上場しなくても大きな資金を回していけるという事実。

 

暗号資産の投資家が稼いだ利益を、銀行に「法定通貨=不換紙幣」で貯蓄するのはいかがなものかと思います。

 

それよりも田中貴金属で貴金属を購入し、保管してもらうのがベターなのではないでしょうか。

 

これからの資産防衛を考える。

ところで田中貴金属では、銀も販売しています。

 

特定保管(そのままの状態で、保管してくれる。)である金やプラチナと違い、銀は消費寄託契約(保管してくれるが、借用されてしまう。)となります。

 

どちらも所有権は契約者にあるのですが、銀の場合は若干のリスクを覚悟しないといけません。

 

ただし銀は貴金属でありながら、工業製品の材料でもあるので、

 

デフォルトの際に新設されるかもしれない財産税の対象に、ならないかもしれません。

 

銀をポートフォリオに組入れることは、資産防衛の手段の一つになるかもしれませんね。

 

特定保管最強説

ただし現物を手元に置くのは、資産防衛の観点では好ましいとは思えません。

 

災害・有事の際に、持ち運ぶのは足手まといになりかねずナンセンスです。

 

取りに戻って逃げ遅れたなんてことは、避けたいものですね。

 

盗難や紛失のリスクもありますし…。

 

そういうことで特定保管が、最強だと思われます。

 

ステーキングならガチホ中も稼げます。

取引しなくても増えていく。

仮想通貨をガチホするのであれば、普段は取引しないわけです。

 

ガチホしている仮想通貨は、ただ寝かせているだけではもったいないです。

 

銀行にお金を預けていると利子が付くように、

 

取引所には仮想通貨を預けておくと一定の利率で増えていくサービスがあります。

 

その中でもステーキングは、最も良く知られたサービスです。

 

預けて稼ぐ方法は流動性マイニング等々いろいろありますが、ステーキングはリスクが低くて手軽に始められるので人気です。

 

私のポートフォリオの中ではXDCの保有量が極端に多くなってからは、Bitrue(ビットルー)にてステーキングに回しています。

 

BitrueではQuant(QNT)のステーキングも扱っており、私が紹介している仮想通貨をガチホしている方にはピッタリの取引所と言えるのではないでしょうか。

 

ビットルーではガバナンストークンであるBitrue Coin(BTR)の保有量によって、ステーキングの利率が差別化されています。

 

一応、BTRを持っていない人でも、ステーキングはできるので始めやすいですね。

 

それぞれの取引所で預けて増やすサービスがいろいろありますので、ガチホしているコインがステーキングの対象になっているかどうか確認するとよいでしょう。

 

私の場合はXDCとQNTは半分を、ビットルーに移してステーキングしていました。

 

寝ている間にも増えていくので、おススメですよ。

 

ちなみに残り半分は、いろいろなウォレットに分散してあります。

 

なるべく分散させたほうが万一のリスクが少なくなりますが、ウォレットではステーキングができないのが悩むところですね。

 

相場の大底を狙うための作戦例

「これは無いだろう」という場所にも、指し値を入れておく。

ガチホしているコインを買い増ししたいときに、なるべく低い値段で買いたいものですよね。

 

買うと決めた時点の相場が、自分の期待どおりであればおそらく購入する人が多いことでしょう。

 

私もそうです。

 

でも、「ちょっと高めかな」という相場だったらどうしますか?

 

そういう時に私なら貯金したと思って、ダメ元の「これ絶対無理だよね」というくらい低い値段に指し値を入れておきます。

 

どうせ買ってもガチホなので、「いつか買えればそれでいい」と思うからです。

 

最近うまくいった例は、ロシアとウクライナが戦争に入りそうだった初期の頃です。

 

(不謹慎な例ですが、お許しください。)

 

あり得ないほど低い指し値を入れて、数日後に刺さりました。

 

戦局が激しくなったためか、意外に早く購入できてしまったと驚きました。

 

 

正直なところ、「一年後ぐらいに刺さればいいかな」程度で考えておりました。

 

仮想通貨取引はボラティリティが大きく、暴落の規模は色々ですがしょっちゅう起こります。

 

長い下ヒゲを付けて買いが成立する事例は、日常茶飯事でよくあることです。

 

今すぐ使うお金でなければ、うんと低い値段で指し値を入れておくのも一つの作戦だと思います。

 

草コインを安全に手に入れる方法

ビットルー投票で草コインを手に入れる。

業界中堅の取引所であるBitrue(ビットルー)では、草コインの上場が頻繁に行われます。

 

そのシステムがユニークで、Bitrue Coin(BTR)というガバナンストークンによる投票によってその可否が決まるのです。

 

各人がBTRを投票の意思表示として使うのです。

 

 

投票期間内のコインは「Support Now」と表示されています。

 

 

投票でボーダーラインを超えて上場が決定した暁には、そのコインの投票者全員に賭けたBTRの量に応じた現物がボーナスとして付与されます。

 

ただし投票するともらえるコイン(「Total Prize」が0でないもの)と、投票してももらえないコインがあります。

 

 

投票によりもらえるコインが大多数なので、BTRを持っていると楽しみが多いですね。

 

投票期間中は賭けたBTRが凍結されて、他の用途には使えなくなりますが、

 

定められた期間が過ぎると、BTRは凍結解除となります。

 

ボーナスとして付与されるコインは普通のコインなので、普通に売買できます。

 

また、投票期間後に上場してそのままステーキング期間に入るパターンもあり、いろいろと楽しませてくれています。

 

草コインというと、何だかよくわからない「怪しげな取引所」でしか買えないイメージがあります。

 

ビットルーのようなしっかりした取引所が関わっているので、安心して取引ができます。

 

無料でボーナスコインがもらえて、得することしかありません。

 

 

 

 

投資の判断は自己責任でお願いします。

暗号資産取引のリスクと、安全な取引をするための注意

当然のことですが暗号資産(仮想通貨)の取引は、必ず儲かるとは限りません。

十分に、ご注意ください。
  • 暗号資産(仮想通貨)とは
  • インターネット上でやり取りされる電子データです。日本円・米ドルのような、国が管理している法定通貨ではありません。

     

  • 価格変動
  • それぞれの暗号資産には、時価(レート)があります。よって価格が急落したり、価値が無くなることもあり得ます。
    元本が保証されているわけではなく、損をすることも頭において取引するべきでしょう。

     

  • 取引所のルールと取引内容を、よくご確認ください。
  • 暗号資産取引所や販売所は、それぞれのルールがあります。約款やルールを読み、把握することが大切です。
    また、取引していて数字や桁の間違いは、大損につながります。送金用アドレスを間違えて、目的の口座にコインが着金しなかった事例もあります。
    くれぐれも取引内容は十分確認の上で、ご自身の判断で納得して取引されますように。

     

  • 詐欺被害に遭うリスク
  • コインの運営者がいなくなって無価値になるとか、取引業者を装う者とか、詐欺の被害が後を絶ちません。
    また身元を暴かれないために、暗号資産で送金させる悪質商法等々にもご注意ください。

 

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

 

中学受験・高校受験の対策

にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

 

幼児教育・未就学児の学習