投資で自由な時間を手に入れる。

投資で自由な時間を手に入れる。

収入の柱が複数あると、自由時間を確保しやすいです。家庭学習を進める上で、保護者の自由な時間が多いほうが有利です。このカテゴリでは投資の副収入で、暮らしに余裕が生まれることを目指しています。

暮らしが潤うと、余裕時間が生まれる。

はじめに

このカテゴリは以前作った別サイト(投資系)の記事を、子育て世代に役立つことを目的に編集・転載したものです。

 

子供の家庭学習に関わるには、経済的余裕がある程度は必要です。

 

筆者が子供たちの家庭学習を見てやれるのは、投資による不労所得があるからこそです。

 

本サイトの訪問者様と多少のミスマッチはあるかもしれませんが、ご興味にかなえば幸いです。

 

 

もっと余暇が欲しい人のために

投資で自由な時間を手に入れる。

 

筆者は2003年に投資を始めました。

 

本業(自営業)が振るわない時期でも、

 

投資で得た「大量の含み益」のおかげで、常に暮らしが潤っています。

 

筆者の家族は、妻と三人の子供(小学生)がおります。

 

子供の一人は障がいを抱えており、介護にたくさんの時間を要します。

 

また健常児の二人には 平日は4時間・休日は6時間以上、勉強を教えています。

 

我が家の日常

子育てに、たくさん時間をかけています。

 

 

一日当たりの平均労働時間は、六時間程度(週休三日制)です。

 

内情を知らない親戚からは、「仕事をさぼってる」と思われています^^

 

本業とは別に、投資という収入の柱があると、より多くの自由時間が手に入るというわけです。

 

筆者が現在行っている投資の中身について、触れてまいりましょう。

 

なぜ仮想通貨投資なのか。

現在は暗号資産(仮想通貨)と貴金属を、ポートフォリオの中心に据えています。

 

株式よりも、今は暗号資産

今の時代、長期保有したくなるような株式ってないんですよね。

 

一方の暗号資産は「ブロックチェーン技術」による付加価値・将来性が高く、伸びしろが半端ではありません。

 

インターネットがブロックチェーン技術を基礎とする時代(WEB3.0)を迎えたため、

 

仮想通貨は先進国から発展途上国まであらゆる国が注目する案件となっています。

 

貴金属投資を、併用するとよい。

私はゴールドやプラチナや銀の、積み立てもやっています。

 

価格の決まり方・歴史を調べていくと・・・

 

これらは意図的に価格が抑えられ、真の価値が相場に反映されていないと思われます。

 

だから今のところは、「いつでも買い」だと考えております。

 

暗号資産投資は、手軽に始められる。

もしもあなたが、動かせるお金が少ないのなら・・・

 

ちょっとの資金から始められる、暗号資産投資をおススメします。

 

簡単に説明すると…

 

果報は寝て待て作戦

暗号資産は、相場変動が大きいのが特徴。

 

なので投資額はちょっとであっても、大きく上がることもあります。

 

逆に大きく下がったときには、仕入れのチャンスということ。

 

あとは「果報は寝て待て」に徹します。

 

当カテゴリでは一連のノウハウを、記事にまとめました。

 

無料のコンテンツを使い倒す。

投資の入門の段階で、有料の教材を買う必要はないと思います。

 

インターネット上にある無料のコンテンツで、たいていのことが学べます。

 

Bybit(バイビット)など、仮想通貨取引所のウェブサイトを見るとやり方が丁寧に書いてあります。

 

そして当カテゴリの記事も、ぜひご活用ください。

 

 

筆者の投資の基本

継続的に含み益が続くような、取引の仕方&メンタル管理を重視しています。

 

メンタル管理について少し触れると・・・

 

短期でトレードするよりも、長期間保有するのが断然おススメです。

 

短期トレード中心の生活だと、一瞬の値動きにも俊敏に反応できないと損失を被ります。

 

神経すり減らして板(取引画面)に、張り付いていないといけません。

 

ゆとりの時間は、生まれませんよ。

 

当カテゴリではデイトレードのような瞬発力の取引ではなく、

 

揺るぎない安定性を築く、

 

ストレスの少ない投資術を解説していきます。

 

さらには、稼いだお金が目減りしないように、

 

どういう形の資産に換えるのかをテーマとして取り上げます。

 

次のページでは投資について、具体的なノウハウに触れたいと思います。