文章力をつける問題集

即効性がある国語問題集

 

国語力は全科目に通じる。

 

どんな教科の試験でも・・・

 

問題の意味がわからなかったら、正解に辿りつけません。

 

現在やっている高校入試の問題(数学)には、長くて複雑な表現が出てきます。

 

国語力を鍛えることが、毎日の学習やその先の受験に良い影響を与えると考えました。

 

きっかけは作文の宿題

 

毎月2回程度、長男のクラスでは作文の宿題が出されます。

 

長男は文章力があるということで、担任の先生から評価されることが多いようです。

 

ただし、これには理由があります。

 

筆者が毎回、何度もダメ出しして鍛えているのです。

 

「感想はそれだけか?」

 

「もっとわかりやすく書けない?」

 

「突っ込みが甘い!」

 

「もっと、情景が浮かんでくるように書いて!」

 

こんな調子で何度でも、やり直しをさせます。

 

作文の宿題が仕上がるまで、だいたい6時間くらいかかります。

 

しかしながらスパルタで取り組んでもなお、課題として残っていることがありました。

 

それは語句や文章の、つながりが「ちぐはぐ」なことです。

 

正しく掛かり受けしていないので、おバカっぽい文になってしまうんですね。

 

また、一文に詰め込み過ぎて、何のことを言っているのかわかり難くなくなったり・・・

 

そのような文章の稚拙さを、これまでは筆者があぶりだして直させてきました。

 

小学二年生を終えるにあたり、「自分自身で推敲できるようにしてやりたい」と考えました。

 

AIに負けない基礎力がつく! ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集[一文力編] は、

 

この目的にかなった良書です。

 

 

この書籍を1ヶ月間取り組み、あらためて作文を書かせてみたところ・・・

 

文章のバカっぽさに気が付いて、自ら推敲できるレベルになりました。

 

「どうしたら、伝わりやすい文章になるのか。」という、筆者とのやり取りがツーカーになりました。

 

仕上がるまでの時間は、4時間くらいに短縮されました。

 

取組ませて良かったです。

 

本人の自習だけでも完結できる

この書籍を使ってみて特筆すべきは、

 

小2でもわかるように、平易に書かれていることです。

 

問題を解きながら学んで、ページをめくると答と解説が書いてあるスタイルです。

 

必要なことが丁寧にわかりやすく書かれており、自習だけでも完結が可能ですね。

 

独学しやすく作り込まれている、印象を受けました。

 

筆者がデスクワークをしている傍らにて、自習形式で取り組ませました。

 

 

より深い思考を促す工夫

 

筆者の場合、学習効果を上げるためさらにひと手間加えました。

 

本人が答案を書いて答合わせして解説を読んだ後に、

 

やったことを全部、説明させます。

 

「なぜ、そのように書いたのか?」説明できるようにさせました。

 

その上で、「類題を自分で作ってみる」ミッションを与えます。

 

筆者も類題を出し、書籍に添った理解を促すようにしました。

 

バラして使うのがおススメ

ページをバラバラにして、バインダーに綴じて使いました。
参照:問題集や参考書をもっと使いやすく

 

 

このようにすると、ページを開きっぱなしで作業できます。

 

→手で押さえる必要がないので扱いやすいです。

 

この書籍は問題文のページと解答・解説のページに分かれているので、コピーして使うこともできますね。

 

長男に使わせて成功したので、数年後には、次女に使わせる予定です。

 

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集 の詳細

 

 

 

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top