練習のお手本

幼児に文字を教えるのにピッタリです。

お手本の真似は難しい

 幼児にとってお手本を見ながらそのとおり再現するのは難しいことです。平仮名・カタカナをマスターさせるには傍らで適切なアドバイスを与えながら、手取り足取り教えることが必要だと感じます。

アドバイスの仕方

 教える側のアドバイスしだいで上手にも下手にもなります。

  • イメージが湧くように
  • 「卵が入るように」とか「すべり台だよ」とか文字の形を物で置き換える言い方が効果的です。

  • ワンポイントで短めに
  • 「ここは跳ねるよ」「下まで下がって」等々の短いアドバイスを、1回につき1個与えます。クリアできたら褒めて「次はこうするよ」と次の課題を与えて徐々に完成させていきます。

  • 正しい字を親自身が学ぶ
  • お手本を親自身が書きますので、下準備しておかないといけません。

なぞらずにうまくなる練習帳

 アドバイスを与える際の決定版の参考書があります。「なぞらずにうまくなる練習帳」というのですが、幼児にもわかりやすく的確な説明に定評があります。この書籍に書いてあるアドバイスのとおりに書けば間違いなくきれいな字になります。

 私はこの参考書を子供には見せずに手本を自分で書いて見せ、なるべく自分の言葉で説明するようにしておりました。それは幼児相手の場合、いっぺんに全部見せるよりも一つづつ課題を与えるほうが教えやすかったからです。

平仮名

 

 

カタカナ

 

 

お手本集として利用する。

 実践では一文字一文字見比べている暇はないので、リファレンス的に使いました。なかなかこちらが思うように子供の手が動かない時に、「じゃあ、見てみようか。」ということで子供と一緒に見ます。家に平仮名博士とカタカナ博士が居るようなイメージです。

http://amzn.to/2l3mzHg

 

http://amzn.to/2kzbtsF

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top