60進法の理解は?

初歩の段階に有効

10進法と60進法の兼ね合い

 幼児に数を教える時、一般的には最初に1から10まで数字を数えさせたりしますよね。一方で時計(時刻)の読み方も教えたい時期がこれに重なるわけです。時計は60進法なので子供が混乱するのではないかと躊躇する親御さんも多いのではないでしょうか。それで、時計は後回しにされがちです。でも時計もそれなりにわかるようになれば嬉しいと思いませんか。
 我が家では時計は早くから与えますが、本格的に教える時期は掛け算ができるぐらいになってからを目安にしております。つまり、十進法にしっかり馴染んでから始めます。そうでないと間違いなくこんがらかりますね。
 子供が時計の読み方でつまづくのは文字盤が時間(短針)と分・秒(長針・秒針)の二本立てで構成されている点です。時間は12でリセットされることと秒・分は60で繰り上がりを生じることがけっこうなハードルです。これを理解させるには十進法の繰り上がりが十分に理解できてからでないとこんがらかります。

なぜ知育時計を使うのか

 時計を教えるのに難しい年頃ではどこで妥協するかがポイントになります。本人の成長に合わせて徐々にステップアップさせていくのに適した教材があります。それが知育時計。開かないと中が見えない図書と違ってお子さんの生活の中に溶け込ませられることがポイントです。我が家で実践している「知育時計を使った色々な教え方」を紹介いたします。

知育時計とは

 時計として使える一般的な時計です。ただし文字盤が知育仕様なのです。短針のいる場所に「1じ」とか「2じ」とか色を変えて印字されております。長身の指す秒・分は1から59まで数字がプロットされており数字が読める児童であれば正確な時刻を言葉に表すことができる仕様になっております。私はSEIKOの知育時計を購入しましたが、短針・長針が文字を読むのに邪魔しないような構造をしております。

二桁の数字が読めるようになった頃

 最初は「長い針が6のところに来たら番組が始まるよ」とか「おやつは短い針が3になるまで待っていてね。」等々時計になじませるのをねらいとして進めます。いずれ知育時計を使って教える必要があるので、「この時計は○○ちゃん専用だよ」と伏線を張っておきます。

10進数で桁の概念がわかってきた頃

 短針と長針を教えます。短針で〇時・長針で〇分を表すことを説明し、知育時計の文字盤にて「〇じ〇ふん」と言えるところまで導きます。ちょっとしたポイントですが子供の教育に合わせるというか、なるべく会話の中に時刻を含めた言い方にします。「〇時〇分に夕食にするよ」等々。ちょっとした気配りが大事で「〇時半」とは言わずに「〇時30分」と言うようにするとよいでしょう。

知育時計の問題点

 知育時計では時刻が言えるのに他の時計ではわからなくなるということが最初のうちは起きると思われます。この問題について我が子の場合は徐々に解消されていきました。部屋の中には普通の大人時計と知育時計が併存している状態なので、大人時計で「〇時〇分までに食べ終わりなさい」と指示すると知育時計でも確認するようになるので何となく身についていく感じですね。

時計がわかると躾が進む

 日常生活で「早くしなさい!」と言ってしまうことってありませんか?時計がわかると「早くしないといけない意味」が伝わりやすくなります。〇時〇分に出発するから「遊びながらダラダラ食べていてはいけない」とか、「〇時になったらお片付けするんだよ」で子供側の心の準備ができやすくなります。

60進法は何時教えるのか

 これは10進法の繰り上がりや計算が自在にこなせるようになってからでよいと思われます。初期の段階では知育時計で時計に親しみ時刻の感覚が身につくことを優先するのがベターと思われます。

http://amzn.to/2krWwGg

時計を本格的に教えた

 上の文章を書いたのは長男が4歳の時点でした。あれから二年の月日が流れ掛け算割り算や分数をマスターしたので、時計を教えることにしました。

普通の時計と知育時計の対比

 知育時計には文字盤に0から59まで長針用の数字が書かれています。普通の時計は書かれていないので知育時計に慣れていても普通の時計では「何時何分」と言えないわけです。

文字盤の数字に5を乗じる

 そこで文字盤にある1〜12の数字に5を乗じて長針を読むことを教えました。長針が6の所に来ていれば30分(6×5)、8の所に来ていれば40分(8×5)。「長針がすでに通り過ぎた数字で一番近いところに5を掛けて読むんだよ。長針がちょうどの場所で無い時はそこから目盛りを数えてね。」という具合です。

12進法・60進法を教える

 運動会のトラックリレーの喩えで教えました。長針が一回りする(子供がトラックを一周する)と次の短針の時刻に移る(次の子供にバトンが渡る)ということ。「一人目の子供が走っているときは1時で、二人目がバトンをもらった時から2時になると考えるといいよ。」「12人で一区切りだよ。」
 これでとりあえず時計が読めて12進法・60進法がわかるようになりました。

 

 

「知育時計」一覧

 

リンク集紹介(学習・受験)

先取り学習を進めたいなら・・・
にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村

 

中学受験・高校受験の対策
にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

 

在宅学習や通信教育に関心がある

 

幼児教育・未就学児の学習
page top